夢で、私から届いたメールに、現実が反映していたそうです。

今日の電話セッションで、とても面白いことがありました。

相手は、いつもご利用いただいているH田ちゃんでした。

固定電話同士の場合は、料金は私が負担して行っていますので、こちらからお掛けするのですが、携帯の場合はお客様のほうからお掛けいただくことになります。

(この当時は、携帯でのセッションも行っていました。今は、携帯の方は、スカイプを利用していただくようお願いしています)

電話を待っていましたが、時間になっても掛かってきません。

10分ほど遅れて掛かってきましたが、「セッションまでちょっと眠ろうと思ったらつい深く眠ってしまって、夢の中でリカコさんからメールがきて、目が覚めた」とのことでした。

夢で受け取ったメールの内容は、電話番号の記載が「011(札幌の市外局番)・・・」となっていて、「携帯に掛けるのになぜ・・・?」と考えた場面があったそうです。

この話をきいて、私は驚きました。

実際に私がしていた行動が、ちょうど反映していたからです。

通常は、電話セッションは、私が料金を負担する固定電話同士の通話で、たまに、ご希望のあるときのみ携帯でお客様よりお掛けいただくことになります。

今日も、いつもの習慣で、私は机に固定電話をもってきて一度は準備をしかけましたが、「ああそうだ、H田ちゃんは携帯で掛けてくるのだった」と気づいて、電話の位置を元に戻していました。

直前のことでしたので、この行動と夢をみているときは、ちょうど重なっていると思います。

途中まで私が、固定電話のつもりになって準備をしていたことが、夢で見たという「011-という市外局番」「携帯なのになぜ?」の意味だったのでしょう。

私の実際の行動が、リアルタイムで伝わっていたのかなと思うと、

とっても不思議で面白い現象でした。

これは、彼女自身にあるスピリチュアルなセンスが、作用して起こったことでしょうね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

私の霊感日記
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント