キュウリのオーラも、かぼちゃのオーラと似ていたので買ってみました。

過去記事の「かぼちゃのオーラがいまいちだったのに、買ってしまった件」の経験から、「野菜のオーラがこうなっていると、(皮のようすからはわからない)中身がこうなている」という規則性をつかんだ気がしたので、

その認識が正しいかを確認するために、キュウリを買ってみました。

植物とクリーム

スーパーの野菜売り場に、キュウリは夏の野菜なので、この時期は低温障害を起こして内側が薄いオレンジになることがあるとの注意書きが出ていました。

そのつもりで眺めると、かぼちゃのオーラと近いあらわれになっているキュウリがありましたので、試しに買ってみたのです。

結果は、やはり内側がオレンジになっていました。・・・ということを見分けてもメリットはなく、むしろ損をしているように思いますが笑、自分的に納得できました。

ちなみに、どうしてこのような見分けが可能になるかというと、この世という場所は、重いもの、低いもののほうがわかりやすいからです。

そうなるべくしてなっている違和感のなさよりも、

何か不調和があるという違和感のほうが、わかりやすいエネルギーなのです。

ということを、改めて、身をもって実感しました。もう二回も経験して納得したので、今後はそういうものは買わないようにします(-_-)(-_-)(-_-)。

コメント