似合わない洋服を着たときの行動は、ことごとくかみ合いませんでした。

洋服などのモノにも、それ自体の質をあらわす固有のエネルギーが存在していて、自分に合っているエネルギーのものを選ぶと、自分のパワーが外付けパーツで増強されるようにプラスの作用を得ることができます。

逆に、合わないエネルギーのものを身につけると、エネルギーがそろわないことの作用なのか、かみ合わないことが起こったり、人からの扱われ方が軽くなったりすることもあるのです。

そのことを説明しているのが、こちらの過去記事です。

春らしい色の洋服と小物

実際に経験すると、こうした作用を実感して納得することができるのですが、具体例がないとわかりにくいと思うので私自身の経験を書いてみます。

かなり以前の経験ですが。

私は、肩幅がすごく広いです。腕も長いほうなので、長袖の洋服はぴったりあうサイズを探すのが大変です。ただでさえ布が肩幅にとられる上に、腕も長いとなれば、ほとんどの洋服で袖丈がたりなくります。

そのため、秋冬のほとんどはパーカーで過ごしています。前を少し広めに開けておけば、肩幅に布をとられることもなく、袖がちょうどいいからです。

ある日、髪を切ろうと美容室を予約してから、何を着ていったらいいかと困りました。パーカーでは、フードがついていて作業の邪魔だろうし、、、サイズがなんとかあっている長袖といえば、白とか淡いピンクとかの薄い色のものばかりです。

私は白髪を染める目的でマニキュアをしています。普通の白髪染めをするほどではないのでそれで代用しているのですが、マニキュアというのは髪の表面に色をコーティングしているだけなので、色落ちしやすく洋服についてしまうこともあります。そう考えると、薄い色の洋服は不向きです。

何を着ていけばいいかなあと考えていると、一着だけ、色が濃いブラウスがあることを思い出しました。

色と全体のシルエットは、私にはあまり似合っていないのですが、袖の長さがちょうどいい洋服は珍しいので、使い道がありそうと思って買ったものでした。

この時点では「このブラウスがあってよかった!」と思ったのですが、、、

その服を着て美容室にいき、「いつものとおり」に切ってもらったのですが、なぜかそのときに限って「いつもよりずいぶんと短い髪型」になりました。。。

そして、帰り道の買い物は、ことごとくうまくいきませんでした。説明しているものと違うものを出されたり。私自身が間違って買ってしまっていたり。。。

ああ、合わないってこういうことだなあ(-_-)(-_-)(-_-)と思いました。

もちろん、これらの現象のすべてが洋服が原因ってことではないでしょうが「かみあわない状態を増強」したようなものかなあ、と。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

私の霊感日記
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント