Q:オーラが大きいとは、どのくらいのサイズ感なのか。

セッションの中でよく話題になる事柄や、スピリチュアルの基本的な事柄について「質問に答える」というやりとりの形式で、わかりやすく説明していきます。

この記事のテーマは、オーラの大きさについてです。

 

◆◆◆

少女のイラストオーラの大きさについての質問です。「オーラが大きい人ですね」といわれるとしたら、どのくらいのサイズ感なのでしょうか?

これは、オーラを語っている人の解釈により違ってくると思いますが、

私がリーディングセッションの中で「オーラが大きい」と伝える場合は、「一般的なサイズよりも、ひとまわりくらい大きい」ことが基準になります。オーラの外側がどのくらいまで広がっているかで判断します。

傾向としては、スピリチュアルに関心をもっている方は、比較的大きめのオーラをしていることが多いかなと思います。

 

◆◆◆

少女のイラストオーラの大きさは、具体的に何を意味しますか?オーラが大きいと言われた場合、そのことをどう解釈すればいいのか教えてください。

オーラの大きさは、活力、存在感、影響力などが、どのくらい備わっているかをあらわしていて、ひとまわり大きいなら、かなり「パワフルさをもった人」だといえます。

存在感も影響力も、示したり、働きかけをしたりする相手がいてこそ発揮される力なので、人の輪の中に入っていくようにして、いろいろな場面で、自分らしさを「いかす」「つかう」という姿勢になるといいでしょう。

存在感や影響力が大きいと、発言したことや、行動したことの作用が、より大きくあらわれやすいというメリットがあります。

 

◆◆◆

少女のイラスト私は「頭のオーラが大きい」といわれたことがあります。何を意味しますか。また、どのくらいのサイズを大きいというのでしょう?

体のまわり全体のオーラとは別に、頭の近くにあらわれるオーラがあって、こちらには、感性、霊性、霊感、思考、情緒などの、内的な要素があらわれます。

頭のオーラが大きいという場合は、体のまわり全体のオーラよりも、頭のオーラが、さらに外側に広がっているくらいのサイズ感で、

たとえば、感性豊か、霊感が強い、思考力が高いなど、何らかの内的な要素が大きく備わっていることがわかります。

コメント