ときには他人の手を借りてみる。

花瓶にマゼンタのライラック

他人の手をなるべく借りないようにしたい。なぜなら、相手はそのことが負担になるだろうから。とあなたは思っているけれど、実際の相手の考えは、その逆であることも多いです。

手を貸すことを、負担と思わない人もいますし、

貸し借りをすることで、お互いの間に信頼関係がつくられると、むしろそうしたやりとりを望んでいる人もいます。

一方的に負担を「掛けっぱなし」にならなければ、(そういう心配や配慮をきちんと考えようとするあなたなら)多少の負担をお願いしたところで、関係がこじれることはないでしょう。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

言の葉
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント