自分を否定せずにいられたら、やるべきことに力を集めやすくなる。

こちらの過去記事のとおり、自分がもつ性質とまったく別の方向へ突っ走ろうとしているとき、(それでは人生の学びが進まなくなってしまうため)守護霊から「軌道修正」が掛かることがあります。

霊的にみれば必要なでも、自分的にはわかりませんから、やろうとしていたことがいきなり進めなくなれば、無気力になったり、投げやりになったりしてしまいますよね。ですが、落ち着きを取り戻すと、方向転換をさせられた道のほうが「むしろ自分に合っている」と気づいていくことが多いです。

ランプを掲げて進む少女

そもそも、どうして「自分がもつ性質と違う方向へ突っ走ろうとする」のか「違う性質のことを、うまくいく選択のハズだと思い込んでしまうのか」といえば、そこには「自分の否定」があることが多いです。

できるのに「できない」「やらない」としてしまえば、(少なくとも一番向いている事柄ほどには)できないことを「できるはず」「やろう」とするしかなくなり、他人が絡んでくることだとプライドもあって、突き進むしかなくなります。ですが、そういう進み方は最初はよくても途中でうまくいかなくなることが多いので「そうなる前に、守護霊からの調整が入る」ということなのです。

自分を否定しないでいられると、自分に合っている選択をすることができるので、結果をだしやすくなります。そうなれば、こうした守護霊からの「調整」も必要なくなり、途中で止まったり変わったりという「ロス」もなく、すべての力をやるべきことに集中させられるので、ますますスムーズに進みやすくなっていきます。

コメント