メッセージ|些細なことに、悩まないように。

「そのこと」は、怒るほどのことではありません。悩むほどのことでもありません。あなたが気にする必要のない些細なことですから、感情を反応させずに、流していき、いつもの「輝き」を取り戻すことです。

あなたが、たくさん労力を掛けて相手に尽くす行動をしたとしても、その負担が伝わるとは限らず、肯定的な受け止め方をしてもらえるとも限らず、軽く扱われてしまうことがあります。ときには、別の意図があるかのように、誤解されることもあります。

感謝を求めているわけではなくても、そういう扱われ方をされたら感情が反応して不愉快になります。

「きちんと理解しない相手に怒りがわく」こともあれば、「自分の行動が、不十分だっただろうか」と、悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、少しの時間を置いてみれば、それは「怒るほどのことでもなく、悩むほどのことでもない」、そういうことも「ありうる」という冷静さを取り戻すことができるはずです。

なぜなら「自分が行動したことを、相手がどう受けとめるかは、相手が決めることで、自分がコントロールできることではない。どう反応するか、または無反応という反応も含めて選ぶのは相手である」ことを、賢いあなたは既に知っているからです。

不満という、一時的な感情の高まりが、あなたの心をくもらせてしまうことがあっても、時間を置いて冷静になればまた、本来の明るい光が戻ってきてあなたの心を満たすでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加