メッセージ|お部屋を整理すると、心の中も整理される。

「今のままではいけない。何かをしなければ」という思いがある、しかし、具体的に何をしたらいのかわからないときは、以下の順番で取り組みをしてみましょう。

まずは、「不要なものを整理・処分」しましょう。できる範囲でよいです。

必要か不要かがわからないものは、そのままにしておきます。

明らかに不要なものだけ除いてみてください。そうすると、必要なもの(である可能性が高いもの)が残っている状態になりますね。

不要なものを除くと、隙間や空間が生まれます。いつもと違う景色となり、その新鮮さが思考を助け、気づきを促します。

その空間は、空間のままにしておくのがいいか、それとも、何かを置くことがよいか、いろいろアイデアがわいてくるでしょう。

不要なものがたくさんある状態では、そうした気づきが生まれません。

「必要なもの(残しているもの)」と、「空間」とのコントラストが、そこに加えるべきものを、あなたに教えてくれます。

この世では、比較という感覚を通して、理解がなされていきます。お部屋の、「ある」「ない」という差が、わかることを増やしてくれます。

あなたという存在を通して、あなたの外側と、あなたの内側は繋がっていて、

外の様子は、内側の様子と連動しているので、

部屋の中を整理することは、あなたの心を整理することとなり、あなたの心の中にあるたくさんの事柄についても、不要なものと必要なものが明確になっていく作用があるのです。

今のままではいけない、何かをしなければという思いにも、きっと、ふさわしい答えが見つかっていくようになります。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加