浄化の雨(自然現象が、いかされた話)。

太陽の光、雨や風などの自然現象は、エネルギー浄化作用があります。

そうした現象にふれて、気持ちが切り替わったり、スッキリした経験を持つ人は少なくないでしょう。

少し前になりますが、私もそうした経験をしました。

その日は朝から雨でしたが、そんなにひどい降りではなかったです。

外出の予定があったので「いつもの雨降りの一日」のつもりで、家を出て歩き出したところ、まるでバケツの水をひっくり返したかのような土砂降りになりました。

北海道は梅雨がないので、その時期の大雨というのは珍しく、そうしたひどい降りになることをまったく想定していませんでした。

傘を差しているし、風もないのだけれど、とにかく真上からたたきつけるように雨の勢いと量がすごくて、服も靴もひどい状態になりました。

そして、予定していた場所に到着したら、なんとその1分後に雨は上がり、強烈に晴れ間が出てきました。あんなに激しい雨だったのに・・・と、不思議なくらいの変化です。

そして、気づきました。

数日前から抱えていた「ある感情」が、すっきりと落ちついたものになっていることを。

ゼロにはなりませんが、前日まで30くらいあったものが、5くらいになった感覚でした。

私は、その感情によってしばらく苦しんでいたのだけれども、しかし別の部分では、その感情を楽しんでいた・・・というと変な表現かもしれないのですが、「苦しいと言いながらも、自ら握りしめ、自ら浸っていた」ようなところがあったと思います。

そういうものが自然に、しかし、ある意味においては強制的に「はずされた」ように思いました。

だから、何か寂しいような、味わっていたものを取り上げられたような感じもあったのですが、少し時間が経ってみると「あのタイミングでの雨は、ありがたかった」と思えるようになりました。

私にとって、必要な「浄化の雨」でした。

しかし、その雨が、私を浄化するために降ったわけではありません。・・・当たり前ですが(笑)。たったひとりの私のために、札幌の190万人以上が影響されてしまう雨が降るような仕組みはありません。

現象は、現象として存在するのです。誰のためとかではなくて。

そのとき起こった現象を、それぞれが必要に応じて、使わせてもらって作用や反応を起こすという受動的なものとなります。

そのタイミングでの雨を利用して、私が、私個人の感情の解消を行うことが「できた」のであり、私のために雨が降ったのではないし、私の力で雨を降らせたのでもないです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

私の霊感日記
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

  1. いざり より:

    今朝この記事を拝見しました。実体験はないものの、わかる気がするなぁと思いながら読みました。
    私の住む埼玉は、台風や集中豪雨などの大雨がいたって少ない土地柄です。
    が、今この一時間ばかりの間、私の半世紀余りの人生初と言っていい程の最強の豪雨に見舞われてます。
    止み間ない雷、台風以上では?と思われる大雨、大粒のひょう。すさまじぃ‼︎
    そしてふと、雨に洗われて、新築当初の頃のようにピカピカに輝いている(笑)窓ガラスと網戸に気づき、今朝読んだこちらを思い出し、そしたら本当に、身からも心からも何かよからぬ余分なものが流されて、すーっと清浄な感覚がしてきました。
    長くなって、申し訳ありません。
    あまりにシンクロニシティで、お伝えしたくなってしまいました^o^

    • リカコリカコ より:

      水や風というのは、動きがある自然現象なので、
      その作用が、うまくそのときの自分の状態と、エネルギー的な波長があったときに、
      リフレッシュされたような感覚を、覚えることがあるのだと思います。

      この記事の件は、本当に大きな作用を感じて、
      私の中では、かなり好印象な記憶なのですが、

      突然の大雨で、もう大変だったということも、ありますし、、、(^_^;)

      そのときの、自分の受け止め方しだいなのだろうなあとも思います。