ある日の、固定電話リーディングKMさん。

今回は、インドの守護霊の方があらわれたのですが、それをお伝えすると、「以前に、インド料理を習った」とのことで、そうした繋がりは面白いものだな、と思いました。

習い事をするとしたら、「展示」「発表」などの、見せる要素のあることや、「級が上がる」などの、向上の要素があることのほうが向いている、という内容が伝えられてきました。

・・・ご相談の内容は、習い事の件ではなかったのですが、話の流れがなぜかそちらのほうに進んでいきまして笑。まあ、それもきっと、意味のあることなのだろうな、と。

KMさんは、栗原はるみさんの「お皿」がキレイなので好きだそうです。

私は、その話を聞いて、栗原さんの「まな板」が、使いやすそうでいいなーと思ったことがあったのを思い出しました。

キレイなものが好きな人と。

機能性を重視している人と。

好みの違いが、面白いです。・・・ということはセッション時間ではお話しませんでしたが、私は、頭の中でそう思っていました(^_^;)。

まな板、しばらく、忘れていたのですけれども。今回思い出して、また、欲しくなってきました。

コメント