ある日の、スカイプリーディングKTさん。

お仕事と、これからの人生設計のことでのご相談でした。

これまでずっと、英語をつかう仕事ばかりについてきたので、これからもそういう仕事をしていきたい。英語をつかう機会があれば、会社の業種は選ばないが、それは可能なのか、そのために、今から準備しておけることは何か、というご相談でした。

守護霊の方からのメッセージは

「もう、練習はあまり必要がない。仕事の本番がそのまま、あなたの練習になる」

「経験が、一番の優位性になる」

「過去の経験に自信をもつ」

ということが、伝えられてきました。

KTさんは、「もっと基礎の勉強をしなければ、今の自分では、力がたりない」とか、「勉強を、もう一度、やりなおしたい」という気持ちがあったそうです。

途中のプロセスをとばして、いきなり仕事に「なってしまった」ようなところがあるそうで、常にそういう迷いはあった、と。

ですが、守護霊の方は、それはあまり重要ではなく、「本番がそのまま、練習の機会だと思えばいい」というメッセージを伝えてこられて、もっと自信をもって進んでいっても大丈夫なようでしたね。

習って勉強するのはとてもいいことではありますけれども、たしかに、既にキャリアがある人にとっては、経験を通して、自分からつかみ取っていくという習得方法が、スムーズになる場合もありますからね。

勉強をするとしても、今想定してるような、じっくりの形にしなくても、経験との相乗効果を見込めるようにも思えましたので、そのあたりの、ちょうどよい度合いをみつけていくとよさそうと思いました。

ありがとうございました(^o^)。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加