金色のオーラをもつ人は。

金色のオーラをもつ人は、感性が鋭い、芸術家のような性質をもっています。

独特の発想力、想像力をもっていて、世の中の流行にあわせた動きをすることにはあまり関心がわかず、自分の内からわいてくるものを優先することが多いようです。

人付き合いは、嫌いでも、苦手でもなくても、人付き合いそのものに対する関心も、あまり大きくはならないでしょう。

それより優先する、独自の価値観や関心の対象となる別のことが、心の中にあるためです。

芸術的な活動などには、発想力や想像力がいかされて、よいものを作り上げることができますが、現実的な人間関係をつくったり、しくみの中で動いたりすることは、わずらわしさを覚えることもあるかもしれません。

自分の中にある大事にしたいことと、外側にある人間関係や現実の世の中との、バランスをとっていくことが、金色のオーラの人の学びでもあると思います。

発想力、想像力をいかす対象として、自分以外の他人や、他人のいる世界が必要なのですから、そちらも意識していくことが、やはり必要になるということです。

※その他の色の説明は、こちらの過去記事にあります↓

青いオーラをもつ人は、冷静さや、知性、真面目さなどが備わっています。 クールな爽やかさ、判断力や分析力も高く、真面目にものごとに取り組んでいき、きちんと成し遂げていくことが得意です。 分析...
赤いオーラをもつ人は、情熱があり、行動力を備えています。 自分がそうしようと決めた目標を達成するためには、多少の苦労も理不尽も平気で頑張ることができます。有言実行をするという、自主的な行動をとることがで...
黄色のオーラは、「興味」「関心」「好奇心」などの(上下がある感情の動きとはまた別の)内的な思いを大事に、行動をしていくことができる人にあらわれます。 相手のために、何かをしてあげようという、サービス精神...
黄緑のオーラは、緑のオーラが示す、やさしさや平和を愛する気持ちと、黄色のオーラが示す、サービス精神などを併せ持った性質の人に、あらわれる色です。 誰にでも、笑顔を向けるような気遣いがあり、周囲の...
オーラの緑は、平和を愛する、穏やかさをもつ人の色です。その人の雰囲気として、「癒し」を感じさせます。調和することの価値がよくわかっていて、どちらかといえば、冒険よりも安定を好むことが多いでしょう。 ...

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加