自分の側におくもの。

「忘れることが苦手」な人っているもので、

そういう人は、過去の記憶、過去に感じた感情に

いつまでも悩まされ、苦しめられていたりする。

過ぎたはずのそれらが、大きなリアリティをもって、

いつも自分の近くに存在しているように、思えてしまうから。

そういう人はさ、無理に「それを忘れよう」とするよりも、

「新しい経験で、印象深さを上書きする」

「新しい記憶を増やすことで、ひとつひとつの比率を下げる」

そういうとりくみを、したらいいんじゃないかな。

何度でも思い出すような楽しいことや

いつまでも記憶に残る意義深いことを、

たくさん経験すれば、

 

そういう人はさ、「簡単には忘れない」から、

その記憶と、その感情を、

いつまでも自分の側に置いておくことができるからね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

言の葉
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント