わかっていない自分に、気づく。

他人のことならわかるのに、自分のことはわからない。

多くの人が、そういう気持ちになったことがあるでしょう。

だからこそ、この世には人間関係という関わりがあって、

他人を通して自分をしったり、

お互いに伝えあったりしながら、

それぞれ、自分を知っていくことができるようになっています。

そうしてある程度、自分を知っていくようになれば、

「他人のことならわかる」などと思っていたのは「まったくの思い込み」で笑、

他人のことも、自分のことも、まったくわかっていなかった

過去の自分の幼さに、気づかされることにもなるのですけれどね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加