言の葉

言の葉

揺らがない強さと、折れない柔軟さと。

自分を信じて、この人生をしっかりと進んでいくためには、 揺らがない強さと、 折れない柔軟さと、 両方が必要になります。 お互いがもう一方を支える形で、 この二つが、しっかりとむすびついたひとつになったときに、 自分の人生を率いる、自力と...
0
言の葉

心の中の景色を、現実にあらわしていく。

あなたの心の中には、このような景色が存在しています。 豊かな水に恵まれた場所に、たくさんの美しい花が咲き、 水が花に力を与え、花が水に彩りを添えている、 すべてが調和している景色です。 このようすとは、あなたのたましいが望んでいることのあらわれです...
0
言の葉

自分の道を進む。

どのようなルートで進んでいくと、目指すゴールにたどり着くかは、人それぞれ違いがあります。 目指すゴールに向かうという姿勢は同じでも、 具体的に何を目指して進むのかは、同じではないですからね。 自分が信じる道を、進むことです。
0
言の葉

自分らしさを、花開かせる動きを。

まずは自分の心の中にある、小さな「やってみたい」「そうなりたい」を見つけること。それは、肯定的な思いであること。否定からスタートした思いではないことが望ましい。否定からスタートしたものは、最初はよくても途中でそれ以上に進めなくなることが多いので。 小さなものが見つか...
0
言の葉

人生という時間を過ごすという意識。

この世の「時間」という変化が、「自分の外側を流れるもの」だととらえていくなら、それはたとえば「風の動きにふれる」程度の印象としかうつりません。 時間とは「この世で自分に与えられている、人生の時間」なのだととらえていけば、時間の流れは、自分そのものの動きと重なっていき...
0
言の葉

関心がひかれることを、やってみよう。

ある情報をみて、なるほどそういうことになっているのかと、知識としてわかることと、その知識をつかって行動をして、やってみるとこうなるものなんだなと、体験からわかることは深さが違います。 自分の関心がひかれることは、やってみることですね、なんでも。
2
言の葉

何がふさわしいかは、それぞれ違う。

ひとりひとり、違うのですよ。 あなたを成長させてくれた方法が、皆に合うとは限らないし、 あの人が成功できた方法より、もっとあなたに合う方法があるかもしれません。
0
言の葉

自立している人同士が、お互いに成長できる関係になる。

お互いに「成長し合うことができる人間関係」とは、よい形にエネルギーを循環させて、相乗効果を生み出せるような関係です。 相手からエネルギーを(つまりは時間や労力などを)必要以上に奪うことなく、自分のエネルギーをわたす際にも、変に犠牲的になったりはせず、 自然にお...
6
言の葉

行動を変えれば、あらわれが変わる。

似たようなことをしている単調な毎日を変えたいと思うなら、自分の行動を変えることが大事だと思います。 自分を、自分以外の人に変えることはできないし。その必要もないので(自分が自分であることが一番素晴らしい価値なのですから)。 「行動」を変えていけば、自分という存...
0
言の葉

それぞれの学びがあります。

その人がやるべきことを、うまくこなすことができずに困っているとして、あなたが代わってあげることで、動きがスムーズになっていくなら、代わってあげることもよいでしょう。 けれど、その人がやるべきことを、あなたが代わってあげたのに、なぜか思ったような動きにならず流れに乗れ...
0
スポンサーリンク