オーラ

オーラ

大きなオーラの人は、大きな力を発揮できる環境がふさわしい。

頭のまわりのオーラは、感情、思考、性格、性質などの内的な要素があらわれます。この部分のオーラが大きい人は、それらの要素を大きく備えている器の持ち主であることがわかります。 ときどき頭のオーラがとても大きくて活気がいっぱいなのに、全体のオーラがそれより遠慮がちな広がりになって...
2
オーラ

オーラが大きい人は、自分の影響力の大きさを認めていこう!

オーラのサイズが大きい人は、他人に与える「影響力」が大きくなります。皆でいっせいに行動をしたとして、オーラが大きい人の動きは、ひときわ大きな作用を与えることが可能です。 影響力とは「働きかけによって、他の考えや行動を変えさせるような力」のことなので、自発的な働きかけ(行動)...
2
オーラ

オーラの質感が細かい人は、手を広げ過ぎて「とっ散らかる」こともあります。

オーラが示す特徴のひとつに、エネルギーをどのくらい受けとめ、どのくらい反応するかに関連する「質感」という要素があります。エネルギーのおりなす「網目」のようなものです。 粗い網目の人は、エネルギーの風通しがよくて細かいことを気にしないでいられます。そのかわりものごとの解釈が大...
0
オーラ

似ているオーラ同士の人間関係は安定するけれど、刺激は得られにくくなる。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいと...
0
オーラ

脳科学の情報と、オーラ的な解釈。

性格、性質、思考、感情、精神性などの、形をもたない内的な要素は「頭のまわりのオーラ」にあらわれます。この部分のオーラをみると、その人がどんな性質をもっていて、どのように思考をするか、感情の動きが豊かであるか等がわかります。 ここ10年くらいで脳科学がテレビ番組で取り...
0
オーラ

オーラのクッションで自分を守る。

オーラが整っているときは、自分をとりまくエネルギーが十分にあって、エネルギーのクッションで自分を守っている状態になります。 エネルギーで守られていると、外からやってくるものを警戒して構える状態にならなくてすむので、楽な気持ちでいられます。 こういうときは、何に...
0
オーラ

オーラには、未来のことも「可能性」としてあらわれます。

オーラとは、その人自身をあらわす「エネルギーの鏡」で、その時点でのコンディションがリアルタイムであらわれていますし、過去のことや、未来のことも一部オーラのようすとして映し出されています。 オーラにあらわれる未来の映しだしとは「現時点からみた未来の可能性」のひとつで、必ずそう...
0
オーラ

頭のまわりのオーラは、明るくて風通しがいい状態が理想的です。

頭のまわりのオーラには、性質、思考、感情などの、内的な要素があらわれます。この部分のオーラのようすから、自分らしさをどのくらい発揮しているか、または、そうしようとして(意欲的に)なっているか等がわかります。 自分らしさをいかしていこうと意欲的になっているときは、元々...
0
オーラ

お互いのオーラを、伝えあい、読みとっている。

オーラのようすには、その人自身のようすが反映しています。オーラへのあらわれから逆算して把握することが、いわゆるオーラリーディングというやつです。 人との関わりとは、お互いのオーラ同士の関わりで、エネルギーレベルでいろいろなことを伝えあっています。 オーラへのあ...
0
スピリチュアル全般

以前よりも暖色系オーラの人が、増えたような印象です。

この話題は前にも書いたような気もしますが、10年くらい前は、青いオーラの人の比率がもっと多かった気がします。ここ数年のオーラ視を通して思うのは、青いオーラの人が減っていて、(以前はそれほど多くはなかった印象の)オレンジ系、イエロー系のオーラや、その他の色のオーラが増えている印象で...
0
スポンサーリンク