守護霊

守護霊

守護霊がいる場所は、霊の世界です。

守護霊は、この人生の学びを常に見守り導いてくれている、たましいの繋がりが深い存在で、どの瞬間も、この関係性がとぎれることはないけれど、 守護霊は、この世という領域で、私たちの後ろを、ぞろぞろついてまわっているのではないです。 守護霊がいるところは、霊の世界です。 ...
0
前世

自分の前世と守護霊が、同じ人物になることがある。

前回の記事のとおりで、前世と今世は、グループソウルという「全体」でつながっている関係になります。 前世がおわったところで、グループソウルという全体へと戻り、そこからまた一部分がわかれて、今世の自分がこの世へと生まれています。 ときどき「前世と守護霊が、同じ人物というケ...
0
守護霊

守護霊の役割は、この人生の学びをサポートすること。

スピリチュアリズムに関心をもち、すべての人に守護霊という導きの存在がいるという知識がつくと、 守護霊が「自分に何を望んで」いるか、守護霊が「自分に与えているサインを見逃していないだろうか」等、いろいろ気になってくるものです。 真面目な人ほど、守護霊の意図と違うことをし...
0
守護霊

守護霊は、日本人とは限りません。

私たちは「肉体をもっている霊的な存在」であり、霊的な関与をうけながら、この世での人生という経験を学んでいます。 霊的な関与のひとつが、守護霊(指導霊)という存在からの導きです。 守護霊と自分とは「たましいの繋がりがある関係」です。 守護霊は、血縁の身内の霊ではな...
0
守護霊

守護霊が伝えてくること。

守護霊が伝えてくるメッセージとは、「大枠のこと」が多いです。 その人が直面している悩みなどについても、人生の方向性などをふまえて、考え方のヒントとなることを伝えてきます。 現実的な細かい事柄に関しては、本人の自主性に任せている部分なので、ああしろ、こうしろと、伝えてく...
0
守護霊

守護霊と自分とは、たましいの領域で繋がっています。

すべての人に、守護霊とよばれる導き役のスピリットがついています。守護霊と自分は「グループソウル」とよばれる「たましいの大元」が同じという繋がりをもっています。 この世の人間関係は、たとえ血縁の家族であっても「たましいは別」になります。たましいは別であるとは、グループ...
0
スピリチュアル全般

守護霊は、たくさんの経験を通して学ぶことをサポートしてくれる。

スピリチュアルな観点から解釈をするなら、人生とは「たましいを磨くための学びの機会」です。たくさんの経験を通して、さまざまな知恵をみにつけ、人として成長することを、自分のたましいが求めていますし、守護霊という導き役のスピリットも願っていることなのです。 人を成長させて...
0
守護霊

守護霊が与えてくれるのは、交通整理のようなサポート。

すべての人には守護霊という、この人生を見守り導く役割のスピリットがいて、必要に応じて、霊的な観点からのサポートをしてくれています。 このしくみをしると、人生という学びに立ち向かう大きな力添えがあるように感じて、安心を覚えるものではないでしょうか。 そして、同時に「日々...
0
スピリチュアル全般

自力と、他力と、それぞれの守護霊の力と。

何かをなしたいと思うとき、目的に向かって進んでいこうとするとき、一番頼りになるのは自分自身の力です。 自分にとって、もっともなじみやすいエネルギーであり、自分を構成しているエネルギーでもあり、何より大きな力となります。 すべての人に、自力という力が備わっています。何を...
0
守護霊

守護霊と対話するための「心の部屋」をイメージする。

すべての人に「守護霊」とよばれる、進化向上した霊がいて、この人生という学びの経験を見守り導いています。 この人生を過ごしている間は、私たちから守護霊の存在を確認することは難しいですが、いつでも「たましいの繋がり」があり、必要なことがあれば、思考や感情の動きを通して、自分につ...
0
スポンサーリンク