仕事

仕事

部活をやっている人が、高評価される部分。

会社に所属して仕事をしていくならば、状況によって度合いの差はあるとしても「社内の人間関係」をうまくやっていくことが、必ず関わりをもってきます。 会社内での人間関係は、友だち付き合いなどとはちょっと違って、お互いに分かり合うとか、共感とか好感とかの「気持ち」だけの繋がりだけで...
0
仕事

「職場での、これからの立ち位置」に迷う時期があるものです。

若いスタッフが多い会社で働く場合、ある程度のキャリアがついてくると、その後の「立ち位置」に迷いがでてしまうことがあるものです。 仕事場というのは、仕事をしてお金をいただくところであって、気持ちの問題とは別であるとは、よく言われることだけれど、 しかし、その場の人間関係...
0
仕事

仕事という環境だからこそ、気づくことは多々ある。

仕事をしていると、自分のせいではないことで怒られたり、相手に原因があるのに自分が割りをくったり、理不尽な経験をたくさん重ねることになります。 「他人という存在が関わること」で、「お金が関わること」となれば、自分の主張を通すことができない場合もあります。 事実で、正しい...
0
仕事

転職することは、「逃げているのか」という見解について。

転職をすることは、逃げなるのかとご相談をいただくことがどきどきあります。 確かに、「現状から逃れたい」という動機で転職をしても、なかなかうまくいかないことは多いと思いますし、江原さんの本にも、そのような記載はしばしば見られ、「逃げなのか、卒業なのかを見極めることが大切」とい...
0
人間関係、コミュニケーション

仕事上の人間関係は、プライベートの友だちとは別の学びを与えてくれる。

仕事上の人間関係は、「自分の好み」を持ち込むことができませんよね。 プライベートの友達などと違い、嫌だから付き合わないとか、関わりたくないから距離をとるというような、感情に基づいた判断をするわけにはいきません。 そこが深い学びに繋がっていくと思います。 個人...
0
スピリチュアル全般

会社の上司が、自分よりも幼く思えてしまうときには。

私たちは、肉体をもった「たましい」の存在であるというのが、スピリチュアルな解釈の基本前提となります。そうした観点からいえば、この世という場所は、たましいの経験値が多い人と、そうでない人が、混在している場所となります。 そして、生まれてから今までの年数という「肉体の年齢」と、...
0
人間関係、コミュニケーション

力関係や、上下関係による、負担になることが起こったとしても。

たとえば、労働者と使用者は、法律の上では対等とされているけれども、実際にはやはり「お金を払う側」である使用者側のほうに優位性があり、自然と上下の関係が生まれてしまうと思います。 お店とお客さんの間も、お金を払う側であるお客さんのほうに優位性がみられるケースはあるものです。 ...
0
仕事

上司よりも、自分のほうがセンスが高いというストレスがある。

気が利くタイプの方がもつ、共通の悩みのひとつに、「上司の、仕事の割り振りがおかしいとわかってしまう。適材適所になっていないことに、(気づいてしまう自分が)ストレスを感じる」というものがあります。 あの人はAの仕事、自分はBの仕事のほうが、どちらにもよいだろうに、なぜ、2人と...
0
仕事

同じ仕事を長く続ければ、惰性になり、飽きてしまうこともありうる。

「以前とくらべて仕事への情熱が薄れてしまったが、これでいいのだろうか。こんなふうに思ってしまうのはこの仕事が自分に合っていないからじゃないか。」という悩みを、仕事をスタートさせてから数年経過した方からいただくことがあります。 そう思ってしまうのは、仕事に「慣れてきた...
0
仕事

仕事の経験年数が増えることで、飽きたり、迷ったりという、いろいろがでてくる。

仕事をして、10年くらいかまたはそれ以上の経験が重なると、ちょっと「今までと何かが違ってきてしまう」ことから、停滞感がでてくることがあります。 通常は、経験が多くなるほど、技術がうまくなったり、進めていく際のポイントがわかるという優位性がでてくるイメージがありますよね。そう...
0
スポンサーリンク