人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

自分らしさを表現するときの、対象となる人間関係も考えていくといい。

ときどきいただく相談に「自分らしさを表現していきたいが、何からどのようにしたらいいかがわからない」という内容があります。 文字だけみると、自分のことがわからないという、自分探し的な悩みに思えるけれど、このような迷いがでてくる場合は、「人間関係についても、迷いや不安を抱えてい...
0
人間関係、コミュニケーション

自分ばかりが負担になる人間関係は、距離感を変えていこう。

一方的に頼みごとばかりしてきたり、時間にルーズだったりで、距離をおきたい人間関係があるとします。しかし、これまでの関係を考えると、距離をとるのもどうなのかと罪悪感がでたり、そのうち気づいてくれるかもと期待感があったりして、 そのままの関係を続けてしまうことが多いものですよね...
0
人間関係、コミュニケーション

お互いに「情報交換ができる」人間関係をつくる。

大人になってからうまれるプライベートの人間関係とは、お互いの知識や経験をもちよって「情報交換をする」という意味合いが大きいですよね。 行動範囲や価値観が違う人との関わりは、新しい知識と知恵を得られる機会になりますし、同じ題材に対する解釈の違いは、ものごとの見方が多角的になる...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係とは、お互いの間に「つながり」をつくること。

人間関係とは、自分と相手との「間」に「つながりを作る」ことです。 考え方や価値観が違う人同士で、つながりをもつとなれば、違いの分だけ開いている「間」をうめていくことが必要となります。 間をうめていくこと=つながりをつくること です。 通常は、そこまでは理屈で考え...
0
人間関係、コミュニケーション

恋愛感情、尊敬、親しみなどの「好意的な感情」を自分の中で動かしていこう。

過去記事でも書いたとおり、恋愛感情をもつことは、自分を見つめ直し、自分と違う考え方や価値観をとりいれていくことができる学びの機会でもあります。 恋愛感情とまではいかなくても、尊敬するとか、親しみを感じるとか、広い意味での好意的な感情をもつことからも同様の気づきが得られます。...
0
オーラ

オーラを通した交流は、距離が離れていても行われます。

人との関わりは、オーラ同士の関わりでもあり、お互いのオーラから情報を伝えあい、影響を与えあうことになります。 近い距離で顔を合わせて、お互いの存在を認識している関わり方のほうが、ダイレクトにオーラが重なって影響を与えますが、関係性によっては、距離が遠くてもオーラを通した影響...
3
オーラ

オーラの交流で、似ている人同士が自然に集まります。

人のまわりには、その人自身をあらわす「オーラ」というエネルギーがあります。このことはスピリチュアルに関心がある方にはおなじみの知識ですよね。 オーラを「見る」ことは難しいけれど、オーラを「感じる」ことは、多くの人が無意識に行っていて、相手のことを把握したり、お互いの情報を伝...
0
人間関係、コミュニケーション

違う性質をもっている人同士だから、学び合うことも、助け合うこともできます。

人間関係とは、お互いの「違い」を学びあう関係です。 違いがあるから、苦労することも、負担が掛かることもあるけれど、違いがあることで、助けられることも、教えられることもあります。 もしもすべての人が「自分と同じ」だったなら、苦労はしないけれど刺激もなく、相手がで...
0
オーラ

相手の得意なことを、オーラを通して学ぶことがあります。

人との関わりは、お互いのオーラの交流でもあるので、一緒にいる時間が長い人や、関わる回数が多い人のオーラから影響を受けることはよくあります。 頻繁に関わりをもっているうちに「相手の得意なことを、自分もできるようになる」ことがあります。たとえば、人前で話すことが上手になったり、...
0
スピリチュアル全般

大きく成長する時期には、外から力を与えてくれる「人」との出会いがある。

前に進んでいくための力とは、基本的には自分の行動がつくりだしていくものですが、人生の中でときどき、それらの動きを大きく後押ししてくれたり、先導してくれたりするような「外側からの働きかけ」が与えられることがあります。 大きく成長する時期には、まるでそのことを助けるかのような、...
0
スポンサーリンク