人間関係、コミュニケーション

オーラ

安心しているときは、柔らかさのある暖色系オーラになる。

周囲に対して警戒感がなく安心していられるときは、状態をあらわす「周囲にでるオーラ」の色が淡いオレンジなどのパステル系になり、ふわっと広がっています。 気ごころが知れた人間関係の中にいるときや、自分の気持ちに余裕があるときは、柔らかさのある暖色系オーラになっていること...
0
オーラ

お互いに上昇していく、プラスの糸が撚り合わされる作用。

人との関わりは、オーラ同士の交流でもあるので、いつも一緒にいる人や、関わる回数が多い人は、お互いにエネルギー的な影響を与えあう度合が大きくなります。 親しい人同士や、仲間内で、誰かひとりでも「目標を達成した」「成長した」「向上した」などの良い結果を出すことができたとき、 ...
0
人間関係、コミュニケーション

気が合わない人と関わることは、自分を成長させる機会にもなる。

できるなら「気が合わない人」「苦手な人」とは、関わらないように距離をとって過ごしたいですよね。けれど考えようによっては、そういう人たちこそが「自分を成長させてくれる人」でもあるのです。 ほとんどのケースで、気が合わない人とは、自分とは価値観やものの見方が大きく違って...
0
人間関係、コミュニケーション

成功している人たちと関わることの、エネルギー的な作用。

これから副業を開始するとか、趣味の活動を本格的にやりたいとか、新しいことを成功させたいときには「既にその人自身の活動がうまくいっている人たち」と関わりをもって参考にするのはとてもいい方法です。 それらについて相談したい場合も、既にうまくいっている人に話を聞いてもらうのが有意...
0
オーラ

元気オーラの人と関わると、自分も元気になれます。

人との交流は、お互いのオーラの交流でもあります。オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーの鏡であると同時に「エネルギーの送受信機」でもあるので、オーラを通して情報を伝え合うことになるのです。 オーラとはその人自身をあらわすので、大きくて活力いっぱいであるとか、明る...
0
オーラ

似ているオーラ同士の人間関係は安定するけれど、刺激は得られにくくなる。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいと...
0
人間関係、コミュニケーション

自分で自分を満たしていこう!

他人のために自分の力を使う奉仕の姿勢は素晴らしいけれど、そればかりになると自分は疲れますし消耗してしまいます。他人のために動きすぎて、自分のために使う力がたりなるまでは頑張りすぎない「ちょうどいいバランス」が大事だと思います。 他人のためばかりになりやすい人のパター...
0
人間関係、コミュニケーション

違う性質をもっている人同士だから、学び合うことも、助け合うこともできます。

人間関係とは、お互いの「違い」を学びあう関係です。 違いがあるから、苦労することも、負担が掛かることもあるけれど、違いがあることで、助けられることも、教えられることもあります。 もしもすべての人が「自分と同じ」だったなら、苦労はしないけれど刺激もなく、相手がで...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係は、「形を持たない財産」です。

どんなに自力が大きい人でも、自分ひとりだけでできることは限られています。何かしらの他力に支えられて毎日の生活は成り立っています。 他人がいることで思い通りにならないことは多く、他人のせいで自分が損をすることもときにはあるけれど、それでも、自分と他人との「人間関係」があること...
0
人間関係、コミュニケーション

人から好かれているほど、他力が関わる場面で有利になる。

広い意味で「他人から好かれている」「人気がある」人ほど、他力を必要とするものごとはうまくいきます。自立心が大きくて実力がある人でも、自力だけではできない事柄はたくさんありますし、他力をくみあわわせるほど大きな規模のことができるので、 他人から好かれている自分でいられたら、あ...
0
スポンサーリンク