人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

誰かのために動くことで、誰かが自分のために動いてくれる。

協力という文字には、たくさんの「力」が集められています。 ひとつの力より、多くの力を集めることは、広がりと深みがつくられて、成果を大きなものにすることができます。 自力が大きく備わっている人も、あえて「他者からの協力をいただく」形をとってみると、思っている以上の成果が...
5
人間関係、コミュニケーション

それぞれの位置から、見える景色は違っている。

どれだけ親しい間柄だとしても、同じ事柄に対する受け止め方、解釈、印象は、人の数だけ違いがあります。 まったくの他人であれば、そのことの理解は難しくはないけれど、近い関係や、気があう相手に対しては、つい、思い入れが深い事柄に対しては特に、 きっと、相手も同じ受け止め方を...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
オーラ

仲がいい人間関係では、お互いのオーラが似てくる。

人間関係とは、オーラ同士の交流でもあります。 実際のやりとりや、関わりがなされることに比例して、お互いのオーラもエネルギーレベルでのやりとりがなされ、影響を与えあうことになるので、 一緒にいる時間が長かったり、関わりが頻繁だったりすると、それぞれが相手に与える作用と、...
0
スピリチュアル全般

あなたが向上すると、親しい人たちも一緒に向上がなされます。

人との関わりとは、お互いのエネルギー同士の関わりでもあります。 家族や、友人など、近い関係にある人同士は「エネルギーをやりとりする機会が多い」関係であるので、お互いのエネルギーの動きに影響される度合いも大きくなります。 その中で、誰かひとりが向上していくとします。たと...
0
前世

お互いの前世の課題を解消しあう関係は、家族間に多い。

この人生で関わりをもつ人は、とても広い意味でいえば(たとえばお互いの名前も認識していない程度の間柄も含めるなら)ほとんどは、前世のどこかでも関わりをもっている相手であるようです。 昔の時代であっても、一度の人生において他者と関わる機会はそれなりにあるでしょうから、複数回の蓄...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の可能性に気づくためにも、人間関係を広げていく。

多くの人は、自分の可能性に気づいていない状態です。 なぜなら、自分について知ることはとても難しいものだからです。 自分について知る機会を与えてくれて、可能性に気づかせてくれるのは、自分と違う個性をもつ「他人との関わり」です。 人間関係を通してわかることは多い...
0
人間関係、コミュニケーション

上向きになるための刺激を、人との関わりからいただく。

オーラは、エネルギーを放ったり受けとったりする、送受信器のような役割があります。他人と関わりをもつと、お互いのオーラがふれあうこととなり、エネルギーレベルでの交流がおこります。 普段の生活の中でも、自分以外のあらゆる「ものごと」「環境」などのエネルギーにふれながら過ごしてい...
3
人間関係、コミュニケーション

自分の中に、使える言葉の表現を増やしていく。

自分が思っていることを、相手に「伝わるように、伝える」には、自分の中に「使える言葉のストック」を増やしておくことが役立ちます。 ひとつの事柄をあらわす言葉は無数にありますから、その中から、適切なひとつを選んでつかうことができれば「伝えたいことが、伝わりやすく」なります。 ...
0
人間関係、コミュニケーション

評価をされる側から、評価を与える側になる時期。

評価とは、どちらかといえば「上の人から下の人に対して行う」ことが多いものです。 親や教師が子どもに、上司が部下に、年長者が若者に対して「こういうところが素晴らしい」「この点を改めていきなさい」というふうに、価値や意義を判断して評価をします。 評価をされたほうは、そのこ...
0
スポンサーリンク