人間関係、コミュニケーション

オーラ

オーラの交流で、似ている人同士が自然に集まり親しくなる。

人のまわりには、その人自身をあらわす「オーラ」というエネルギーがあります。このことはスピリチュアルに関心がある方にはおなじみの知識ですよね。 オーラを「見る」ことは難しいけれど、オーラを「感じる」ことは多くの人が無意識に行っていて、相手のことを把握したり、お互いの情報を伝え...
0
オーラ

元気オーラの人と関わると、自分も元気になれます。

人との交流は、お互いのオーラの交流でもあります。オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーの鏡であると同時に「エネルギーの送受信機」でもあるので、オーラを通して情報を伝え合うことになるのです。 オーラとはその人自身をあらわすので、大きくて活力いっぱいであるとか、明る...
0
人間関係、コミュニケーション

人から好かれているほど、他力が関わる場面で有利になる。

広い意味で「人から好かれている」「人気がある」人ほど、他力を必要とするものごとはうまくいきやすくなります。自立心が大きくて実力がある人でも、自力だけではできない事柄はたくさんあり、他力をくみあわわせるほど大きな規模のことができるので、 人から好かれている自分でいられたら、実...
0
オーラ

お互いに上昇していく、プラスの糸が撚り合わされる作用。

人との関わりは、オーラ同士の交流でもあるので、いつも一緒にいる人や、関わる回数が多い人はお互いにエネルギー的な影響を与えあう度合が大きくなります。 親しい人同士や、仲間内で、誰かひとりでも「目標を達成した」「成長した」「向上した」などの良い結果を出すことができたとき、 ...
0
オーラ

似ているオーラ同士の人間関係は安定するけれど、刺激は得られにくくなる。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいと...
0
人間関係、コミュニケーション

他人の意見を、どこまでとりいれるか。

自分を分析するときや、行動しようとすることの判断基準がほしいときなどに、第三者からの意見を参考にすることは役立ちます。 しかし、自分の意見と他人の意見が一致するなら「やっぱりこれでいいんだ」と思いを強くする力となるけれど、そうではない場合もあるわけで、どこまで他人の意見をと...
0
リーディング日記

お客様同士も、見えないエネルギーでつながっている。

ここ最近のセッションでは、「周囲のものごとや人って、見えないエネルギーでつながっている」んだなと改めて気づかされる機会が多いです。 本当に書ききれないくらいの、ふしぎなつながりを感じる出来事が多々あります。 先日このようなことがありました。Mさんとのセッション...
0
オーラ

人との関わりが少ない今だからできる「自分の内に意識を向ける」こと。

人と関わる機会はとてもありがたいもので、それだけで「お互いのオーラ同士が交流」します。会話や行動をすることで、オーラを通じたエネルギーの動きが生じるので、ごく普通に生活していれば「自分のオーラが動かされる」機会を得られます。 ところが昨年や今年のように、人と関わる機...
0
オーラ

明るく輝くオーラの人同士は、お互いを助けあえる関係になります。

オーラとは、その人自身をあらわす「エネルギーの磁石」で、明るく輝くオーラをしている人のまわりには、たくさんの人が集まることが多いです。 オーラの動きを停滞させるものがなくて、明るい輝きを放っていられるときは、その人らしさを発揮しやすい肯定的な姿勢でいられるので、そういうとこ...
0
スピリチュアル全般

自分がうまくいっているときは、周囲もうまくいっていることが多い。

自分と周囲のものごとは、エネルギーでつながっています。ご縁のある人同士が出会うことや、同じ要素を持つもの同士が引きあうことや、過去の自分が原因をつくったことが結果となることなど、あらゆることがエネルギーで結びついています。 この「エネルギーのしくみ」を基に、周囲の人のようす...
0
スポンサーリンク