人間関係、コミュニケーション

オーラ

オーラを通して、まわりの人や環境から影響を受けている。

オーラにはエネルギーを送受信するはたらきがあり、私たちはオーラの受信機能によって、思っている以上の影響をまわりの環境や人から受けています。 自分で決めたつもりのことも、意外とまわりからの影響をうけているものなので、その前提で考えていくほうがいいと思います。 人...
0
オーラ

オーラの色がバラバラの人間関係から、イノベーションがうまれる。

こちらの過去記事のとおり、オーラの色が同じ人間関係は、価値観が同じでわかりあえるのでお互いに「楽」でいられます。しかし違いが少ない分「落ち着きすぎてしまう」とも言えるでしょう。 こうした「オーラの色が同じ人間関係」との比較として、 会社、趣味の集まり、スポーツチームな...
0
オーラ

オーラの交流は、やはり「直接に会う」ことの効果が大きい。

人との交流とは、オーラの交流でもあります。一緒に行動したり、会話をしたりして影響しあうこと以上の「エネルギーレベルでの影響」を、お互いに与えたり受けたりすることになります。 エネルギーの動きとは、物理的な空間や距離をこえて作用するので、スマホやパソコン、電話を通したやりとり...
0
スピリチュアル全般

エネルギーに敏感な人は、他人のエネルギーに「酔う」ことがある。

エネルギーに敏感な人は、人が大勢いる場所にいくと「人ごみに酔う」ケースがあります。周囲の空気に揺り動かされる感じがして、ものすごく疲弊したり、乗り物酔いをしたときと同じような不調があらわれたります。 人ごみに酔うとは、人が放つエネルギーに酔うということでもあります。...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の意見を言うことに、普段から慣れておこう。

毎日の生活の中では、周囲に話をあわせたり、相手にゆずったりすることもときには必要ですが、そればかりになっても歪みが生じます。 自己主張も大事なので、「私はこのように考えています」「私はこちらを選びたいです」と言えるように準備しておきましょう。そのためには、自分がどうしたいの...
0
オーラ

安心しているときは、柔らかさのある暖色系オーラになる。

周囲に対して警戒感がなく安心していられるときは、状態をあらわす「周囲にでるオーラ」の色が淡いオレンジなどのパステル系になり、ふわっと広がっています。 気ごころが知れた人間関係の中にいるときや、自分の気持ちに余裕があるときは、柔らかさのある暖色系オーラになっていること...
0
人間関係、コミュニケーション

成功するのが怖いから、動きだせないこともあります。

新しいことに一歩を踏み出せないときの、一番多い理由は「失敗するのが怖いから」で、二番目に多いのは「成功するのが怖いから」です。多くの人の相談をお聞きしていてそう感じます。後者のパターンになるのは女性が多いです。 失敗するのが怖いというのは、失うことへの怖さです。掛け...
0
オーラ

オーラという鏡に、他人を映しだしている状態は改善しよう。

オーラとは、自分自身が映し出されている「エネルギーの鏡」のようなもの。そのときのコンディション、どのようなことを好み、何に価値を感じるかなど、いろいろなことがオーラのようすにあらわれます。 本来は、そのように「自分のようす」が映っている鏡なのですが、ときどき「他人のようすを...
0
人間関係、コミュニケーション

成功している人たちと関わることの、エネルギー的な作用。

これから起業するとか、副業を開始するとか、趣味の活動を本格的にやりたいとか。新しいことを成功させたいときには「既にその人自身の活動がうまくいっている人たち」と関わりをもって参考にするのはとてもいい方法です。 それらについて相談したい場合も、既にうまくいっている人に話を聞いて...
0
人間関係、コミュニケーション

自分のことを話さないと、発言の主旨も人物像も誤解されやすくなる。

自己主張は控えめで、口数も多くはないのに、なぜかいつも「人の悪口ばかりいっている」「他人を下げてばかりだよね」と周囲から思われてしまう人がいます。 この件で困っているとご相談は多いのですが、これは「無意識でやっている会話の仕方」が間接的に原因になっているようです。 ...
0
スポンサーリンク