人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

似ている人同士の間で、繊細で複雑な感情を学び合うことがあります。

ひとつ前の記事で、似ている人同士の関係を通した、もっとも大きい学びは「自分のよいところを肯定できる」「自信を深めていけるようになる」ことにあると書きました。 できごとに含まれる学びはいくつもあり、他にもいろいろな要素の学びは含まれていると考えられます。「複雑で細かい感情を伴...
0
カルマの法則・波長の法則

とてもよく似ている相手との関係から、自分らしさを知っていく学び。

スピリチュアル的に解釈すれば、この世で経験するすべては、「たましいを成長させるための学び」です。人との出会いにも「そこに学ぶものがある」ということです。 この世には「波長の法則」とよばれる、同じ要素をもつもの同士が引き合うしくみがあり、人間関係にも作用します。まったく同じも...
0
人間関係、コミュニケーション

自分とまったく違う性格の相手に惹かれることで、気づかされる学びがあります。

スピリチュアルなしくみを元に解釈するなら、この世で経験することはすべて「たましいを成長させるための学び」です。人間関係も、お互いに「そこから学ぶものがある」から関わりが生まれるしくみです。 その関係を通して学ぶことは、自分の側からの内容と、相手の側からのそれが違っている場合...
2
オーラ

オーラからの関わりで、相手から刺激をうけて高揚感がうまれるしくみ。

人との関わりとは、お互いのオーラ同士の関わりでもあります。 オーラは、自分自身をあらわすエネルギーであると同時に、内と外のエネルギーをやりとりする送受信装置でもあるので、オーラを通してお互いを伝え合うのです。 このとき、自分のオーラの振動よりも、少し早めの動き...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係を通して、得られているものはたくさんあります。

人間関係には、ありがたくて望ましい部分もあれば、負担でストレスとなる部分もあります。トータルでとらえてみれば、ありがたさのほうが勝るようにも思いますが、普段の生活の中では、負担となるほうばかりが大きく感じられます。 それは、この世のものごとは、違和感のほうが印象深く感じられ...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
スピリチュアル全般

自分が向上すると、親しい人たちも一緒に向上がなされます。

人との関わりとは、お互いのエネルギー同士の関わりでもあります。 家族や、友人など、近い関係にある人同士は「エネルギーをやりとりする機会が多い」関係であるので、お互いのエネルギーの動きに影響される度合いも大きくなります。 その中で、誰かひとりが向上していくとします。たと...
0
人間関係、コミュニケーション

気があっていて、似ていても、それぞれ別のたましいです。

いい距離感の人間関係をつくっていくためには、自分と相手は「それぞれ別の個性をもっている、別の人間である」という当たり間のことに日々、意識的になっていくことが大事だと思います。 気が合う、似ている要素があるという安心感から、ちゃんと通じているはずだと伝えるべき要点を端折ったり...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、クレクレ星人を引きよせている?

人間関係は、同じ要素をもつ人同士が引きあう「波長の法則」とよばれるしくみが関連してつくられます。 お互いの同じ部分が、並ぶように結びつく人間関係はスムーズです。 ですが、同じ要素の逆のあらわれが(お互いが両極端という意味で同じ)結びつくこともあり、そうなるとストレスが...
9
オーラ

仲がよい友人同士のオーラが、似てくる理由は2つ。

仲が良い友人同士や、一緒にいる時間が長い家族間では、お互いのオーラがなんとなく似てくるという現象がおこります。 オーラはエネルギーの送受信器でもあり、自分のエネルギーを放ったり、相手のエネルギーを受けとったりしますから、オーラが関わる時間が長いか、回数が多いほど...
0
スポンサーリンク