人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

人間関係を通して、得られているものはたくさんあります。

人間関係には、ありがたくて望ましい部分もあれば、負担でストレスとなる部分もあります。トータルでとらえてみれば、ありがたさのほうが勝るようにも思いますが、普段の生活の中では、負担となるほうばかりが大きく感じられます。 それは、この世のものごとは、違和感のほうが印象深く感じられ...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
スピリチュアル全般

自分が向上すると、親しい人たちも一緒に向上がなされます。

人との関わりとは、お互いのエネルギー同士の関わりでもあります。 家族や、友人など、近い関係にある人同士は「エネルギーをやりとりする機会が多い」関係であるので、お互いのエネルギーの動きに影響される度合いも大きくなります。 その中で、誰かひとりが向上していくとします。たと...
0
人間関係、コミュニケーション

気があっていて、似ていても、それぞれ別のたましいです。

いい距離感の人間関係をつくっていくためには、自分と相手は「それぞれ別の個性をもっている、別の人間である」という当たり間のことに日々、意識的になっていくことが大事だと思います。 気が合う、似ている要素があるという安心感から、ちゃんと通じているはずだと伝えるべき要点を端折ったり...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、クレクレ星人を引きよせている?

人間関係は、同じ要素をもつ人同士が引きあう「波長の法則」とよばれるしくみが関連してつくられます。 お互いの同じ部分が、並ぶように結びつく人間関係はスムーズです。 ですが、同じ要素の逆のあらわれが(お互いが両極端という意味で同じ)結びつくこともあり、そうなるとストレスが...
9
オーラ

仲がよい友人同士のオーラが、似てくる理由は2つ。

仲が良い友人同士や、一緒にいる時間が長い家族間では、お互いのオーラがなんとなく似てくるという現象がおこります。 オーラはエネルギーの送受信器でもあり、自分のエネルギーを放ったり、相手のエネルギーを受けとったりしますから、オーラが関わる時間が長いか、回数が多いほど...
0
人間関係、コミュニケーション

人間関係は、「形を持たない財産」です。

どんなに自力が大きい人でも、自分ひとりだけでできることは限られています。何かしらの他力に支えられて、毎日の生活は成り立っています。 他人がいることで思い通りにならないことは多く、他人のせいで自分が損をすることもときにはあるけれど、それでも、自分と他人との「人間関係」があるこ...
0
オーラ

人間関係のオーラから、自分がつかう力を引きだしている。

人の身体のまわりにあらわれる、その人自身のようすを示すオーラとは別に、複数の人たちが集まることでつくられる「人間関係のオーラ」があります。 それぞれが放つオーラが、足し算になったり、掛け算になったりして、皆が共有する大きなエネルギーがつくられるのです。 建物に...
0
人間関係、コミュニケーション

他人の粗探しばかりする人は、不整合をみつけるのがうまい人。

やたらに他人の粗探しばかりして「どうしてあなたはそうなのか」「あなたのこの部分がよくない」と口に出すような人がいますよね。 こういう人は、ある種の観察力や分析力には優れていて、ものごとのつながりの中に「不整合」「調和していない部分」を見つけることに優れています。 ...
6
人間関係、コミュニケーション

他人に「怒り」「不満」がでてしまうことを解消するには。

怒りや不満がでるときは、だいたい「思い通りにならないとき」です。 他人に対して怒りや不満がでるなら「他人の動きが思い通りにならない」か「他人のせいで迷惑を掛けられて、自分の動きが思い通りにいかない(と思ってしまっている)」ときでしょうね。 他人の動きが自分の思い通りに...
0
スポンサーリンク