人間関係、コミュニケーション

スピリチュアル全般

目標とする相手と交流をもつと、影響をうけて自力が磨かれる。

自分の力を上げるには、現実的な行動の積み重ねで力をつけていくことが基本ですが、エネルギー的な作用をいかして、 力がある相手から影響を受けるという方法があります。 人との交流とは、オーラを通したエネルギーの交流でもあり、さまざまな情報をエネルギーレベルで伝え合っています...
0
オーラ

何かいろいろ言われやすい、オーラが大きい人の特徴。

よくある悩みとして「いつも自分ばかりがいろいろ言われる」「他の人にはそうではないのに、自分ばかりが損な役回りをやらされる」というものがあります。こうなってしまうのは、オーラとエネルギーの観点からみて二つの原因が考えられます。 オーラのサイズが大きいことと、 自分らしさ...
0
人間関係、コミュニケーション

否定を手放すと、恋愛感情に素直になれます。

自分を否定していると、選択の場面で失敗してしまうので人生がうまくいかなくなります。なぜなら「ダメな自分にふさわしい(と思っている)微妙に低めの選択」を「無意識で」してしまい、自分に一番いい選択肢をとることができないからです。 このことは、恋愛感情にも、恋愛関係にも影響します...
2
人間関係、コミュニケーション

今の関係から、恋愛関係に進むにはタイミングが大事。

たとえば会社の同僚など、お互いを知っていて話ができる程度の間柄の人がいて、「もっと親しくなりたい」と思っているとします。こうした「既に浅い関係はある」場合はタイミングがかなり大事で、慎重になりすぎると時間が掛かってタイミングを逃すことがあります(>_<)。 ...
0
人間関係、コミュニケーション

新たな人間関係のために、今からできることをする。

コロナで行動が制限されると、人との出会いも制限されますよね。人が集まる場にいくことがそもそもできない上に、マスクをしているので表情もよくわからず、会話も控えめになりますから。 新しい友達をつくりたいとか、恋愛の相手を見つけたいと思っている人にとっては、この状況は本当に困難だ...
0
オーラ

自分を否定していると、赤いオーラの人に苦手意識が出やすい。

こちらの過去記事でも少しふれていることですが、自分への否定がつくられていく中で「なぜか赤色が苦手になる」ことがあります。全員に見られる現象ではないのですが、このことが該当するケースは結構多いです。 そしてこれも全員ではないですが、自分への否定があると、 オーラが赤い人...
0
人間関係、コミュニケーション

相手の話に、なぜか「否定で返してしまう」のは。。。

人間関係がうまくいかないとか、ものごとがうまくいかないと思っている人のうち、少なくない人が、こういう経験をしたことがあると思います。 相手の話をきいているときに、話の入口のところで何故か「要らない」「必要ない」「でも」「だって」という反応をしてしまい(>_<)、...
2
人間関係、コミュニケーション

否定を手放すと、人間関係に広がりがつくられる。

自分への否定を手放していくと、あらゆる可能性が広がります。これまで「自分には無関係」「自分には無理だ」と思っていた事柄は、自分にもできるかもしれない「範囲内」に含まれてくるからです。 このことは人間関係にもあてはまり、否定を手放していくと、これまで関わることがなかった層の人...
0
オーラ

元気オーラの人と関わると、自分も元気になれます。

人との交流は、お互いのオーラの交流でもあります。オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーの鏡であると同時に「エネルギーの送受信機」でもあるので、オーラを通して情報を伝え合うことになるのです。 オーラとはその人自身をあらわすので、大きくて活力いっぱいであるとか、明る...
0
オーラ

やる気がある人たちが大勢いる環境は、自分を成長させてくれる。

オーラには、エネルギーを送受信する働きがあり、さまざまなエネルギーを受けとりながら過ごしています。エネルギーは空間や距離には制限されないので、同じ要素同士は距離をこえて引き合うこともあります(波長の法則)。 一方、自分と相手のオーラが重なるくらいの近い距離の空間で、相手の放...
0
スポンサーリンク