人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

人の存在が、安心感を与えてくれている。

他人と過ごすことは、とてもエネルギーを使い疲れます。 自分ひとりで過ごすほうが、ずっと気楽でいられます。迷惑を掛けられることもないし、迷惑を掛けてしまう心配もないですから。 しかし、そういう気持ちでいられるのは一時期だけのことです。人との関わりがまったくない状態が長く...
2
人間関係、コミュニケーション

まずは自分から、相手に働きかけをする。

人に対する動きをとっていくときに、つい「相手から、こちらにアクションをとってくれたら楽なのに」「相手からの申し出があれば、最善の対応をして相手のためになれるのに」と、受け身になって期待したくなりますが、 最初の1回のきっかけは、自分のほうから作っていくとよいです。 そ...
0
人間関係、コミュニケーション

親しい人間関係を広げるときには、ほどよい「緩さ」も必要。

人との関わりは苦手ではないし、社会の中ではうまくコミュニケーションができて評価が高いのに、友人・知人というプライベートの人間関係を広げることには、なぜかその力が発揮されずうまくいかないケースがあります。 そういうケースはだいたい、社会的にふさわしいとされる、丁寧できちんとし...
0
人間関係、コミュニケーション

誰かのために動くことで、誰かが自分のために動いてくれる。

協力という文字には、たくさんの「力」が集められています。 ひとつの力より、多くの力を集めることは、広がりと深みがつくられて、成果を大きなものにすることができます。 自力が大きく備わっている人も、あえて「他者からの協力をいただく」形をとってみると、思っている以上の成果が...
5
人間関係、コミュニケーション

それぞれの位置から、見える景色は違っている。

どれだけ親しい間柄だとしても、同じ事柄に対する受け止め方、解釈、印象は、人の数だけ違いがあります。 まったくの他人であれば、そのことの理解は難しくはないけれど、近い関係や、気があう相手に対しては、つい、思い入れが深い事柄に対しては特に、 きっと、相手も同じ受け止め方を...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
オーラ

仲がいい人間関係では、お互いのオーラが似てくる。

人間関係とは、オーラ同士の交流でもあります。 実際のやりとりや、関わりがなされることに比例して、お互いのオーラもエネルギーレベルでのやりとりがなされ、影響を与えあうことになるので、 一緒にいる時間が長かったり、関わりが頻繁だったりすると、それぞれが相手に与える作用と、...
0
スピリチュアル全般

あなたが向上すると、親しい人たちも一緒に向上がなされます。

人との関わりとは、お互いのエネルギー同士の関わりでもあります。 家族や、友人など、近い関係にある人同士は「エネルギーをやりとりする機会が多い」関係であるので、お互いのエネルギーの動きに影響される度合いも大きくなります。 その中で、誰かひとりが向上していくとします。たと...
0
前世

お互いの前世の課題を解消しあう関係は、家族間に多い。

この人生で関わりをもつ人は、とても広い意味でいえば(たとえばお互いの名前も認識していない程度の間柄も含めるなら)ほとんどは、前世のどこかでも関わりをもっている相手であるようです。 昔の時代であっても、一度の人生において他者と関わる機会はそれなりにあるでしょうから、複数回の蓄...
0
人間関係、コミュニケーション

自分の可能性に気づくためにも、人間関係を広げていく。

多くの人は、自分の可能性に気づいていない状態です。 なぜなら、自分について知ることはとても難しいものだからです。 自分について知る機会を与えてくれて、可能性に気づかせてくれるのは、自分と違う個性をもつ「他人との関わり」です。 人間関係を通してわかることは多い...
0
スポンサーリンク