人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

感情というエネルギーは、実体感のある重さを感じるもの。

親しい友だちと、近況報告をしたり、雑談をしたりするのは良い気分転換となって、癒されたり力がわいてきたりするものです。 知っている相手と、難しい思考をはたらかせなくてもすむ軽い会話をすることは安心感がありますからね。 ところが、悩みを伝えたり、愚痴を聞いたり、または楽し...
0
オーラ

好意をもつ人間関係のオーラ。

人のまわりには、オーラというスピリチュアルなエネルギーがあり、その人自身のようすが反映されています。 複数の人たちによる「集団」「グループ」にも、「人間関係のオーラ」があり、その関係の信頼度や調和度などが反映されています。複数が放つものでつくられた、複数で共有するオーラとい...
0
人間関係、コミュニケーション

人との関わりは、新しい何かを知るための学びの機会。

人との関わりは、お互いのオーラ同士の交流となり、 直接の行動による関わりや、言葉によるやりとり以外にも、目に見えないエネルギーレベルでの交流がなされて、影響を与えあっています。 新しい人との関わりは、新しい要素に(エネルギーレベルで)ふれる機会で、刺激になりますし、勉...
0
オーラ

安定した人間関係のオーラは、丸さがある。

人間関係のオーラとは、複数で「つくりだす」オーラであり、「共有する」オーラでもあります。 お互いが持っている性質のオーラ、思い、発言、行動のエネルギーなどがいろいろに混じり合って、化学反応が起こるかのように「その関係をあらわすオーラ」がつくられるのです。 安定...
0
オーラ

仲がいい人間関係では、お互いのオーラが似てくる。

人間関係とは、オーラ同士の交流でもあります。 実際のやりとりや、関わりがなされることに比例して、お互いのオーラもエネルギーレベルでのやりとりがなされ、影響を与えあうことになるので、 一緒にいる時間が長かったり、関わりが頻繁だったりすると、それぞれが相手に与える作用と、...
0
オーラ

親しみや安心感がある、人間関係のオーラ。

人のまわりには、オーラというスピリチュアルなエネルギーがあり、オーラのようすにはその人自身があらわれます。 複数の人たちによる「集団」「グループ」にも、「人間関係のオーラ」があり、オーラのようすには、その関係の信頼度や調和度などがあらわれます。 お互いによく知...
0
オーラ

人間関係にも、オーラがあります。

人のまわりには、その人自身のようすを示すオーラがあります。 複数の人があつまる「集団」「グループ」にも、その人たちが放ったエネルギーがつくりあげた「人間関係のオーラ」があります。 性質が似ていて気があう人同士がつくるオーラは、お互いのオーラがそのまま足し算にな...
0
人間関係、コミュニケーション

理解するためには、相手の話を「まずは聞いてみる」こと。

相手を理解するためには、その人が何を思い、何を主張したいのか「話をしっかりと聞くこと」が大事です。 その人の主張が事実として正しいかということは抜きにして、その人が何を思っているのかを、まずは聞いてみることです。 まずは相手の話を聞いてみて、自分がどう受けとめ...
0
人間関係、コミュニケーション

人の存在が、安心感を与えてくれている。

他人と過ごすことは、とてもエネルギーを使い疲れます。 自分ひとりで過ごすほうが、ずっと気楽でいられます。迷惑を掛けられることもないし、迷惑を掛けてしまう心配もないですから。 しかし、そういう気持ちでいられるのは一時期だけのことです。人との関わりがまったくない状態が長く...
2
人間関係、コミュニケーション

まずは自分から、相手に働きかけをする。

人に対する動きをとっていくときに、つい「相手から、こちらにアクションをとってくれたら楽なのに」「相手からの申し出があれば、最善の対応をして相手のためになれるのに」と、受け身になって期待したくなりますが、 最初の1回のきっかけは、自分のほうから作っていくとよいです。 そ...
0
スポンサーリンク