人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション

長く続く、いい人間関係をつくっていくには。

先日の記事でとりあげたとおり「人間関係をうまくいかせたい」ときは、「嫌われないように」するより、「好かれる自分でいられるように」するほうが、お互いを尊重したいい関係がつくられやすいです。 嫌われないようにという「マイナスをつくらないようにする」やり方は、仮にそれでま...
0
人間関係、コミュニケーション

好かれる自分でいられるように。

人間関係をうまくいかせようとするときの考え方として、「嫌われない自分になろうとする」のか、「好かれる自分でいようとする」のか、とらえ方ひとつで結果が違ってくるものです。
2
人間関係、コミュニケーション

自分を出したら批判されるのでは?という恐れがあるときには。

これまで、自分を過小評価したり、自信がなかったりして、力を発揮しないまま過ごしてきた人が「これからは、もっと自分らしさを出していこう」と決めたとして、心配になるのは「他人から批判されてしまうのでは」という点ではないでしょうか。 これまでと違う動きをすれば、意地悪な人の目にと...
23
人間関係、コミュニケーション

お互いに成長できる人間関係をつくるには、自分を過小評価しないことが大事。

自分を過小評価していて、自分のいいところを認められないときは、新しいチャレンジができなくなり、守りに入ってしまうことが多くなります。そういうときは、自分と似ているタイプの人とばかり一緒にいたくなり、違う性質をもつ人は「自分の存在意義を脅かす存在」に思えて遠ざけたくなることが多いで...
0
オーラ

似たようなオーラ同士の、人間関係は。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいと...
0
人間関係、コミュニケーション

他者からの「評価」「好意」を受けとれないのは、自分を否定しているから。

最近、よく読まれている「自分を否定している」ことから起こる不調和シリーズ。今回は、自分を否定していたり、過小評価していたり、自信がなかったりすると、せっかく他者が与えようとしてくれている「評価」「好意」をも否定してしまい、いい人間関係がつくられないというケースをとりあげてみます。...
2
人間関係、コミュニケーション

自分の中に否定があると、相手の中にも否定的要素を探してしまう。

自分の中に「否定」がある人は、他人のことをみるときも「否定的な要素を探そう」としてしまいます。そうして作られた人間関係は、なかなかうまくいかないか、最初はよくても途中でこじれてしまいがちです。というか「自分自身がこじらせて」しまうことが多いです。 なぜなら、相手のできないと...
15
オーラ

オーラの交流で、似ている人同士が自然に集まります。

人のまわりには、その人自身をあらわす「オーラ」というエネルギーがあります。このことはスピリチュアルに関心がある方にはおなじみの知識ですよね。 オーラを「見る」ことは難しいけれど、オーラを「感じる」ことは、多くの人が無意識に行っていて、相手のことを把握したり、お互いの情報を伝...
0
人間関係、コミュニケーション

人から好かれているほど、他力が関わる場面で有利になる。

広い意味で「他人から好かれている」「人気がある」場合ほど、他力を必要とするものごとはうまくいきます。この世には、自力だけではできない事柄はたくさんありますし、他力をくみあわわせるほど大きな規模のことができるので、 他人から好かれている自分でいられたら、あらゆる場面で有利にな...
0
前世

前世からの人間関係は、安定はするけれど、落ち着きすぎてしまうことも多い。

前世で家族だったり仲間だったりという、近い関係だった人同士が出会うと、お互いのことを「たましいのレベルで知っている」親近感があるため、今世でもごく自然に距離が近くなって親しくなれることが多いです。 そうした「知っている」「慣れている」たましい同士は、今回の関係でわかりあえる...
0
スポンサーリンク