人間関係、コミュニケーション

人間関係、コミュニケーション
NEW

自分の意見をあらわすには、言語化と慣れが大事です

昭和や平成初期生まれには、それ以降に生まれた人たちとくらべると格段に「自分がどうしたいかをあらわすのが苦手」です。 このことは我慢しているのが理由とされがちですが、我慢していなくても意見をいえない人はいるし、意見をいえる人だって我慢していないわけではない、 これは単純...
0
人間関係、コミュニケーション

信頼できる人間関係があれば、嫌われることへの怖さを手放せる

人付き合いの中で「自分らしさを打ち出したい」と思っていながらも、それ以上に「嫌われたくない」気持ちがあって、自分らしさを出すのは控えめになり、相手に配慮する言動ばかりとってしまうことがあります。 全員から好かれることは不可能で、好かれることも、嫌われることも両方ありうるとわ...
0
人間関係、コミュニケーション

影響力がある人、になるにはどうしたらいいか

影響力がある人になるには具体的にどうすればいいのか、何をすれば影響力をさらに磨くことにつながるのか、というのはよくいただくご質問です。 考え方はシンプルで、以下の2つが大事です。 影響力には「アウトプット」が必要 アウトプットしたことを「自分」と紐づけする ...
4
人間関係、コミュニケーション

損な役回りにならないように、自分の優れたところを出していこう

人という存在を深くとらえていけば、誰もが良いところをもっているので、この人は素晴らしいとか、そうではないとかの優劣はつけられません。 しかし社会のなかでは、とても表面的な「損得」「感情」「印象」などで判断されて、優劣や上下がつくられてしまうことは多いです。 状況におう...
3
人間関係、コミュニケーション

自分の意見をもち、伝えられるようになろう

人間関係を広げたいけれど、会話力に自信がないので困っている、というご相談をときどきいただきます。自信をもって会話ができるようになるために、まずは「自分の意見をもつこと」からとりくむのがいいと思います。 意見を用意しておき、そして、伝えられるようになりましょう。 ...
0
オーラ

安心しているときは、柔らかさのある暖色系オーラになる。

周囲に対して警戒感がなく安心していられるときは、状態をあらわす「周囲にでるオーラ」の色が淡いオレンジなどのパステル系になり、ふわっと広がっています。 気ごころが知れた人間関係の中にいるときや、自分の気持ちに余裕があるときは、柔らかさのある暖色系オーラになっていること...
0
オーラ

他人との関わりが、オーラに刺激をあたえてくれる

他人との関わりによる刺激は、適度にあるほうがのぞましいです。 オーラ的に見ても、自分の安定したオーラに、ほどよく他人のオーラがまじっている状態は、とてもいいバランスで躍動感も感じられます。 他人との関わりは、自分の中に「動き」をつくりだしてくれます。 人...
0
スピリチュアル全般

一緒にいるといいことが起こる、ラッキーパーソン

自分にとってのラッキーパーソンといえる人がいます。この人と一緒にいるといつもいいことが起こるとか、タイミングに恵まれて得をするとか。 こうした現象は「そこまで距離が近くはない人」との間で起こることが多いようです。たぶん身内とか親友とかの近い距離感の関係では起こりにくい気がし...
0
人間関係、コミュニケーション

自分らしさをあらわした生き方をする

いつもと違うことをすると周囲の人からどう思われるかが不安だ、それで新しいことをしたくても一歩をふみだせない、というご相談をいただくことがあります。 大人になるほど周囲の人間関係はできあがってしまって入れ替わりは少なく、女性は特に「横のつながり」で「同じものを共有」して関係が...
2
スピリチュアル全般

エネルギーに敏感な人は、他人のエネルギーに「酔う」ことがある

エネルギーに敏感な人は、人が大勢いる場所にいくと「人ごみに酔う」ケースがあります。周囲の空気に揺り動かされる感じがして、ものすごく疲弊したり、乗り物酔いをしたときと同じような不調があらわれたります。 人ごみに酔うとは、人が放つエネルギーに酔うということでもあります。...
0
スポンサーリンク