前世

前世

前世の続きを少しずつすることで、今世の学びの準備をしている。

人生のある時期(特に10代、20代などの前半のうち)に、何度もくり返し「行き止まりになる」「選びなおす」「やり直す」という状況に向かわされる人がいます。 たとえば、子どもの頃であれば、せっかく親しくなった友だちが転校することが続いたり、習い事をしている教室が閉鎖や移転になり...
0
前世

自分の前世は、少ないのか多いのか気になるとしたら。

スピリチュアルな知識がついて、生まれ変わりのしくみを理解していくようになると、まず気になるのは「自分の前世はどのような経験をしていたのか」だと思います。 さらに「自分の前世(生まれ変わり)の回数は、多いのだろうか、それとも少ないのだろうか」という点にも関心がでてくる方もいま...
0
前世

前世の経験が、前にでる動きに抵抗感を与えてしまうことがある。

こちらの過去記事で書いたとおり、無意識で「そうしてしまう」「そうなってしまう」思考や行動のパターンがあり、前世から引き継いだものだとすれば、それは複数回の前世によって深く刻まれたと考えられます。 今回の記事は、これまでの前世で、何度も「俗世からはなれた隠遁生活をしている」ケ...
2
前世

前世から引き継いだ、思考と行動のパターンを変える。

自分が無意識で「そうしてしまう」「そうなってしまう」、思考や行動のパターンが、前世の経験から引き継いでいるものだとしたら、そのことが自分の中に作られていくまでには、複数回の前世をまたいでパターンをくり返していることが多いでしょう。 現実的な行動にたとえると、早起きをするとか...
0
前世

前世の回数が少ない人のほうが、行動に躊躇がない。

何に対しても、躊躇なく行動することができるのは「前世の回数や経験値があまり多くない人」によくみられる特徴です。 イメージとしては、逆に思えるかもしれませんね。 前世の経験値が多い人のほうが、経験に慣れている優位性がでてくるだろうから、未知への不安が少なくなって、どんど...
2
前世

お互いの前世の課題を解消しあう関係は、家族間に多い。

この人生で関わりをもつ人は、とても広い意味でいえば(たとえばお互いの名前も認識していない程度の間柄も含めるなら)ほとんどは、前世のどこかでも関わりをもっている相手であるようです。 昔の時代であっても、一度の人生において他者と関わる機会はそれなりにあるでしょうから、複数回の蓄...
0
前世

前世で、宗教家や公人だった経験が多い人は。

私たちは、今回の人生の自分として生まれてくる際に、それまでの前世で培われた経験値を備えてこの世にやってきます。 そのため、生まれてから後の環境要因で作られたものではない、性格や性質上の特徴としてあらわれる「思考パターン」「行動パターン」が存在するのです。 現代...
2
前世

前世の経験値が少ない人、多い人を、植物にたとえるなら。

スピリチュアル的にいえば、人生とは、たましいの成長のための経験で、この世とは、成長するための学びの場所です。 人は何度も生まれ変わってたましいの学びを重ねていて、この人生以前の経験を「前世」といいます。前世での経験は、たましいの大元である「グループソウル」という領域に刻まれ...
0
前世

前世の経験値が反映して、学びの段階がつくられる。

人は何度もうまれかわって、たましいを磨くための学びをしています。今の人生より以前の経験を前世といい、それらの経験値はたましいの大元である「グループソウル」という領域に刻まれています。 今世という人生を決めて生まれてくるときに、たましいの経験値から必要な要素を持ち越してくるし...
0
前世

相手を変えて、前世の学びの続きを(自分が)することがある。

人は何度も生まれ変わって、たましいの学びを続けています。そうした経験の積み重ねの中で「前世でも関わったたましいと、また今世でも関わることになる」ケースはしばしばみられます。 たとえば、前世で「フランスで知人だったピエール」と、今世では「日本で山田さんという同僚」として関わる...
0
スポンサーリンク