前世

前世

前世の回数が少ない人のほうが、行動に躊躇がない。

何に対しても、躊躇なく行動することができるのは「前世の回数や経験値があまり多くない人」によくみられる特徴です。 イメージとしては、逆に思えるかもしれませんね。 前世の経験値が多い人のほうが、経験に慣れている優位性がでてくるだろうから、未知への不安が少なくなって、どんど...
2
前世

お互いの前世の課題を解消しあう関係は、家族間に多い。

この人生で関わりをもつ人は、とても広い意味でいえば(たとえばお互いの名前も認識していない程度の間柄も含めるなら)ほとんどは、前世のどこかでも関わりをもっている相手であるようです。 昔の時代であっても、一度の人生において他者と関わる機会はそれなりにあるでしょうから、複数回の蓄...
0
前世

前世で、宗教家や公人だった経験が多い人は。

私たちは、今回の人生の自分として生まれてくる際に、それまでの前世で培われた経験値を備えてこの世にやってきます。 そのため、生まれてから後の環境要因で作られたものではない、性格や性質上の特徴としてあらわれる「思考パターン」「行動パターン」が存在するのです。 現代...
2
前世

前世の経験値が少ない人、多い人を、植物にたとえるなら。

スピリチュアル的にいえば、人生とは、たましいの成長のための経験で、この世とは、成長するための学びの場所です。 人は何度も生まれ変わってたましいの学びを重ねていて、この人生以前の経験を「前世」といいます。前世での経験は、たましいの大元である「グループソウル」という領域に刻まれ...
0
前世

前世の経験値が反映して、学びの段階がつくられる。

人は何度もうまれかわって、たましいを磨くための学びをしています。今の人生より以前の経験を前世といい、それらの経験値はたましいの大元である「グループソウル」という領域に刻まれています。 今世という人生を決めて生まれてくるときに、たましいの経験値から必要な要素を持ち越してくるし...
0
前世

相手を変えて、前世の学びの続きを(自分が)することがある。

人は何度も生まれ変わって、たましいの学びを続けています。そうした経験の積み重ねの中で「前世でも関わったたましいと、また今世でも関わることになる」ケースはしばしばみられます。 たとえば、前世で「フランスで知人だったピエール」と、今世では「日本で山田さんという同僚」として関わる...
0
前世

前世の延長のような経験をしながら、学びはひとつ上へ進む。

スピリチュアル的にとらえていくなら、人がこの世に生まれてくるのは、たましいを成長させる学びをする目的です。 学びのために、ふさわしいシチュエーションを選んで何度も生まれ変わるので、今の人生よりも以前の「前世」という経験値が、たましいの領域には存在していて、それをふまえた今世...
0
前世

前世の続きのような生き方をして、違いを学んでいくケース。

前世と今世のつながりとは、人それぞれ違いがあります。 前世での経験を、今世でいかして活躍するケースもあれば、前世で経験したことにはあえて関わりを持たずに、新たな事柄に挑んでいくケースもあります。 よって、今回お伝えする内容も「そういうパターンもある」という一例としてと...
0
前世

子どもの頃の特徴に、前世の経験があらわれていることもある。

人の性格とは、「生まれ持った先天的なもの」と「生まれたあとの経験からつくられていく後天的なもの」と、両方の関連でつくられていきます。 生まれ持ったものとは、たましいの領域にある「これまでの前世で培った経験値」です。前世での経験値の一部分を備えてこちらの世界にやってくるのです...
0
カルマの法則・波長の法則

前世での行いが原因となり、今世の結果をつくることもある。

この世には「自分のしたことが、何かの形で自分に戻ってくる」という「カルマの法則」とよばれるしくみがあります。 この法則は、生まれ変わりをまたいでも作用するので、前世で行ったことが、今世での結果としてあらあれることは多々あります。 自分がしたことが、自分に返って...
0
スポンサーリンク