人間関係、コミュニケーション

人間関係を通して、得られているものはたくさんあります。

人間関係には、ありがたくて望ましい部分もあれば、負担でストレスとなる部分もあります。トータルでとらえてみれば、ありがたさのほうが勝るようにも思いますが、普段の生活の中では、負担となるほうばかりが大きく感じられます。 それは、この世のものごとは、違和感のほうが印象深く感じられ...
0
オーラ

キュウリのオーラも、かぼちゃのオーラと似ていたので買ってみました。

過去記事の「かぼちゃのオーラがいまいちだったのに、買ってしまった件」の経験から、「野菜のオーラがこうなっていると、(皮のようすからはわからない)中身がこうなている」という規則性をつかんだ気がしたので、 その認識が正しいかを確認するために、キュウリを買ってみました。 ...
0
オーラ

かぼちゃのオーラが新鮮に思えなかったのに、つい買ってしまった話。

人のまわりに、その人自身をあらわすオーラがあるように、モノのまわりにも、それ自体の質をあらわすオーラがあります。野菜や植物は、生命力があるのでオーラは見えやすいです。 この記事は、数日前の買い物で、野菜のオーラのようすから「鮮度がいまいち」と思ったのに買ってしまい「結果は、...
0
スピリチュアル全般

動物さんたちの前世の反映は、人の場合よりシンプルです。

すべての人に前世があるように、動物さんたちにも前世はあります。 特に、今世ではペットとして飼われている動物さんたちの場合、(それだけ何度も生まれ変わりをしていて、知性が磨かれていると考えられます)特徴的な前世をもっていているケースもみられますね。 動物さんたちの前世か...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
スピリチュアル全般

オーラ的には、好きな洋服よりも、似合う洋服を「推し」ます。

洋服などのモノにも固有のエネルギーが存在していて、洋服のオーラという表現であらわすことがあります。人のオーラとはかなり構造が違うけれど、それ自体の性質をあらわすエネルギーであることは同じです。 自分のオーラと、エネルギーの質が似ている洋服を着ることは、外付けパーツでオーラを...
0
カルマの法則・波長の法則

行動力が高い人には、遠回りをさせられるというカルマのあらわれがあります。

心が自立している人は、自分のことは自分で判断して、必要な行動をとることができるので、本来ならば結果を出すことも早いはずです。 それなのになぜか、行動したことが結果に結びつくまでが、不自然なくらいに手間と時間が掛かって遠回りになってしまうことがあります。 最終的にはゴー...
2
考え方、感情、行動

他人のために時間を使いすぎていないか、見つめ直してみてください。

やるべきことがたくさんあって、やりたいこともたくさんあって、 自分のやる気も十分なのに、なぜか具体的な行動を起こせずに気持ちばかりが空回りになることがありますよね。 そういうときはだいたい「他人のために時間を使いすぎて」いて、自分のことをするための時間の余裕がないので...
2
守護霊

守護霊は、霊界からいつでもこちらのことを見守っています。

スピリチュアルに関心がある方にはよく知られていることですが、すべての人には「守護霊」とよばれる存在がいて、この人生という学びを霊的な見地から見守り導いています。 守護霊は、「背後霊」や「後ろの人」と表現されることもあります。 背後霊という表現は、欧米で発展した...
2
スピリチュアル全般

喉のオーラにくすみがあると、味の濃いものを食べたくなる?

昨日の記事のとおり、言いたいことを我慢している状況が長く続くと、喉のオーラにくすみがあらわれることがあります。 このとき、エネルギーに敏感で体感覚が優れている人は「濃い味のものばかり、食べたり飲んだりしたくなる」ことがあるようです。 たとえば、辛いものばかり食べたくな...
0
スポンサーリンク