考え方、感情、行動

流れにのっているときは、周囲のものごとが先行して動く。

ものごとがスムーズに展開していく、いい流れに乗っているときは、周囲のできごとが「自分がやろうとしていたことを、少し先取りするように」動いていくものです。 たとえば、連絡をしなければと思っていた相手先から、こちらに連絡がくるとか、言い出すタイミングをはかっていた事柄を、口にし...
0
会員サイト|オーラの話

オーラについて詳しくお伝えする、会員サイトのご案内。

これまでに、私のリーディングを受けたことがある方を対象として、オーラについてより詳しくお伝えする、会員サイト「ここだけのオーラの話」を運営しています。 料金は、一度のみのお支払いです。月ごとの継続料金ではありません。一度のお支払いで、過去記事も含めてすべてご覧いただくことが...
0
オーラ

霊感が強い人は、首の近くのオーラが薄くなっていることが多い。

霊感が強い人は、首のオーラが、エネルギーの集まりが薄くなっていたり、亀裂がはいったような状態になっているケースがときどきみられます。 理由はふたつあります。 ひとつは、頭のまわりのエネルギーが多いためです。 内的な領域の要素は、頭の近くのオーラにあらわれ...
0
人間関係、コミュニケーション

人の存在が、安心感を与えてくれている。

他人と過ごすことは、とてもエネルギーを使い疲れます。 自分ひとりで過ごすほうが、ずっと気楽でいられます。迷惑を掛けられることもないし、迷惑を掛けてしまう心配もないですから。 しかし、そういう気持ちでいられるのは一時期だけのことです。人との関わりがまったくない状態が長く...
2
考え方、感情、行動

お部屋の整理整頓が、自分に与える作用。

お部屋の中の不要なものを処分して、必要なものを残すという整理整頓をすると、部屋のエネルギーが整っていき、自分にもよい作用を与えます。 人のまわりには、その人自身をあらわすオーラがあるように、物にも、その物の性質をあらわすエネルギーがあります。 自分のまわりに、...
0
考え方、感情、行動

まだ使われていない自分の可能性に、気づいていく。

人がもつ可能性とは、きっと、自分で思っているよりずっと大きいのです。なぜなら、たましいの領域には、これまでの生まれ変わり(前世)で培った経験値がすべて刻まれているものだからです。 前世の経験を通算すれば、何百時間、人によっては何千時間も、さまざまなシチュエーションで...
0
考え方、感情、行動

感情という重いエネルギーのバランスを、意識的にとること。

ある事柄について判断をする際に、「こうなるべき」思い入れが強くなりすぎたり、「こうしたい」感情が入りすぎたりすると、最適ではない選択を「勢い」でしてしまうことがあります。 頭では、冷静に理性をつかって判断をしようとしても、つい、感情の勢いがついてしまうのは「強い感情は、重い...
0
会員サイト|オーラの話

オーラの把握のコツなどを、お伝えしています。

他では読めない、オーラの話題をご提供する会員サイト「ここだけのオーラの話」は、こちらのスピリチュアルティーチングと同じ形式のブログに、パスワードをかけて運営をしています。 料金のお支払いは一度のみ(8月中のお申込は、8,000円でお得になります)、過去記事も含めてすべてのペ...
0
スピリチュアル全般

守護霊は、たくさんの経験を通して学ぶことをサポートしてくれる。

スピリチュアルな観点から解釈をするなら、人生とは「たましいを磨くための学びの機会」です。たくさんの経験を通して、さまざまな知恵をみにつけ、人として成長することを、自分のたましいが求めていますし、守護霊という導き役のスピリットも願っていることなのです。 人を成長させて...
0
会員サイト|オーラの話

いつもの生活パターンに、少しのプラスを与える。

会員向けサイト「ここだけのオーラの話」の過去記事を1件、パスワードなしでもご覧いただけるようにしてみました。 ▼▼▼ 普段の生活の中では、使われる機会が少ない感性を働かせることで、刺激が与えられて、オーラが明るくなる作用について書いています。 このことは...
0
スポンサーリンク