考え方、感情、行動
NEW

人生の中盤以降は、受け身になっていては楽しいことが見つかりにくい。

セッションには、幅広い年代の方からお申込みがあります。女性で、40代や50代の方から「これから何をしたらいいのかわからない」「自分は何をすると楽しいのかわからない」というご相談をいただくことが結構あります。 何をするのがいいかは個人差があるでしょうが、共通していえることは「...
0
スピリチュアル全般

窓を開けて、部屋に風を通すことの効果は大きい。

晴れた日には、窓を開けて、風をお部屋に通しましょう。外の風を通すことで、お部屋の中に留まっている空気に動きが作られ、爽やかにリフレッシュされていきます。 部屋に風という「動き」をつくることで、その場のエネルギーがリフレッシュされていきます。そうすると、そこで過ごす人...
0
スピリチュアル全般

モノが多すぎる環境は、エネルギーが散らかっている状態。

お部屋の中に、モノが多すぎるとき「行動をスタートできない」「つい先送りしてしまう」「どうでもいいことに時間を使ってしまう」ことがとっても多くなります。 モノにも固有のエネルギーがあり、その場にいる人に影響を与えます。 ひとつひとつのモノが放つエネルギーはそれほ...
0
リーディングのご感想

ご感想|スカイプのリーディング。

Mさんからリーディングのご感想をいただきました。 セッション開始直後に見えてきたのは、かなり昔の制服を着ているくらいの年代の頃のことで、そこから雑談的に話がスタートしていき、結局はそのことが相談事項に対する回答にも間接的につながっていくという話の流れになりました。こういう結...
0
オーラ

霊感が強い人のオーラは、情報が読み取りやすいです。

セッションの時に、会話のやりとりもスムーズ、霊視作業もスムーズとなるのは、ご相談者様が霊感が強めであるか、コンディションが整っているかのどちらかです。この2つの条件は、私の側からすると「情報を読みとるためのスクリーンがクリア」な状態です。 霊感が強い人のオーラは「霊...
0
直感、霊感、霊能力

霊感が強い人は、芸術的なセンスにも優れている場合が多い。

霊感が強い人の中には、芸術的な活動をすることに向いたセンスを持っている人がとても多いです。なぜなら、この二つはとてもよく似ている「隣り合っている力」だからです。 霊的センスと芸術的センスは、同じものの「形をかえたあらわれ」であり「使われ方の違い」なのだと思います。実...
0
スピリチュアル全般

人が立ち去った後にも、オーラがしばらく残ることがあります。

たとえば、誰もいない会議室内や、誰も座っていない公園のベンチで「少し前まで、ここに人がいたのではないかな」という感覚になることがありますよね。これは、そこにいた人が放ったオーラが、(立ち去った後も)しばらくその場に残っているためです。 人が放つオーラは、生命力という活気がの...
4
考え方、感情、行動

いつでも、あなたに注がれる光があります。

いつでも、あなたへと、明るい光が注がれています。 それは守護の光であり、導きの光でもあります。 人生のはじめからおわりまで、この光がとぎれることはありません。ですから、あなたは安心して、現実という足元をみつめ、人生という道を進んでいけばいいのです。
0
オーラ

オーラの交流で、似ている人同士が自然に集まります。

人のまわりには、その人自身をあらわす「オーラ」というエネルギーがあります。このことはスピリチュアルに関心がある方にはおなじみの知識ですよね。 オーラを「見る」ことは難しいけれど、オーラを「感じる」ことは、多くの人が無意識に行っていて、相手のことを把握したり、お互いの情報を伝...
0
考え方、感情、行動

自分らしさのアピールポイントを、わかっておく。

ここ10年くらいの世の中の動きは、機器やしくみの発達によって、作業効率も上がりましたし、情報が共有されるスピードも格段に上がりましたよね。 新しい情報がどんどん流れて、書き換えられていき、最新のものがあっという間に一般的になっていき、驚く速さでものごとが変化していきます。 ...
0
スポンサーリンク