スピリチュアル全般

スピリチュアル全般

動物さんたちの前世の反映は、人の場合よりシンプルです。

すべての人に前世があるように、動物さんたちにも前世はあります。 特に、今世ではペットとして飼われている動物さんたちの場合、(それだけ何度も生まれ変わりをしていて、知性が磨かれていると考えられます)特徴的な前世をもっていているケースもみられますね。 動物さんたちの前世か...
0
スピリチュアル全般

オーラ的には、好きな洋服よりも、似合う洋服を「推し」ます。

洋服などのモノにも固有のエネルギーが存在していて、洋服のオーラという表現であらわすことがあります。人のオーラとはかなり構造が違うけれど、それ自体の性質をあらわすエネルギーであることは同じです。 自分のオーラと、エネルギーの質が似ている洋服を着ることは、外付けパーツでオーラを...
0
スピリチュアル全般

喉のオーラにくすみがあると、味の濃いものを食べたくなる?

昨日の記事のとおり、言いたいことを我慢している状況が長く続くと、喉のオーラにくすみがあらわれることがあります。 このとき、エネルギーに敏感で体感覚が優れている人は「濃い味のものばかり、食べたり飲んだりしたくなる」ことがあるようです。 たとえば、辛いものばかり食べたくな...
0
スピリチュアル全般

自分が向上すると、親しい人たちも一緒に向上がなされます。

人との関わりとは、お互いのエネルギー同士の関わりでもあります。 家族や、友人など、近い関係にある人同士は「エネルギーをやりとりする機会が多い」関係であるので、お互いのエネルギーの動きに影響される度合いも大きくなります。 その中で、誰かひとりが向上していくとします。たと...
0
スピリチュアル全般

自分を知り、経験をいかし、自分らしさを発揮していく。

10代、20代前半くらいの若いうちは、自分のことがよくわからないものです。わかったつもりになっていても狭い範囲で主観的にとらえているだけで、実際のそれとはちょっと違っていることも多いです。 社会にでてたくさんの経験を重ねて、少しずつ自分のことがわかってくるようになります。過...
0
スピリチュアル全般

深い呼吸をして、不要なエネルギーの影響から抜け出す。

スピリチュアリズムでは、人とは「肉体をもっている霊的な存在」であるととらえていきます。人も、実は「霊」であるので、この人生を過ごす中で、さまざまな形で霊的な作用を与えたり受けたりしながら過ごしています。 未浄化な霊と引きあってしまう「憑依現象」もそのひとつです。漫画にでてく...
0
スピリチュアル全般

教える役割は、人生の中盤以降で担うことが多い。

前回の記事のとおり、学びをしたことを「教える役割になる時期」とは、通常は、自分がまずは学ぶ立場で、その次の段階として(成長したのちに)教える役割、伝える役割になっていくという順番ですが、 前世の回数と経験値が多く、下地となるものが十分に備わって生まれてきている人は、人生の比...
0
スピリチュアル全般

自分の力を認めて、できることをあらわしていく。

自分自身を等身大で認めることができず、「自分なんてどうせこの程度だし」と過小評価したり、「自分ができることなど知れているから」と、本来の力よりも小さい範囲で無難にまとめようとしたりすると、 その小さい評価と範囲のことですら、なかなか進まず(>_<)停滞する状況が...
2
スピリチュアル全般

新しいことに向かうとき、髪を切るとリフレッシュになる。

新しいことへ向かっていきたいとき、髪を切る(髪の毛の長さを変える)ことは、いい切り換えとリフレッシュになるので有効だと思います。 これは全員ではないのだけれど、髪の毛を長くしている女性にときどきみられる特徴として「髪の毛の裾のほうに、もやーんとした過去のエネルギー」がくっつ...
0
スピリチュアル全般

影響されやすさの改善のためには、自分らしさをあらわすこと。

周囲から「影響を受けやすい」性質をもつ人がいます。周囲にいる人の考え方や行動のしかたに自然に同調してしまったり、相手が放つエネルギーを引き受けてしまったりして、リズムが崩されて疲弊することが多くなります。 スピリチュアルに関心がある人は、このタイプが多いようです。おそらく、...
0
スポンサーリンク