考え方、感情、行動

考え方、感情、行動

意欲ををもって行動をする人ほど、困難に直面することは増えるものです。

未来に目標をもって努力し続けようとする人や、自分を成長させようと意欲的な人ほど、なかなか進めない状況になったり、人からいろんなことを言われたり、ストレスを覚えることが多くなります。 進もうとするから、進めないという状況も起こります。 進もうとしていなければ、遮られる状...
0
人間関係、コミュニケーション

自分が、気配りを「いただいている」という認識。

もしも、自分の側からみて「気配りをしなくていい、気を使わなくていい」人間関係があるとして、その関係が自分に心地よくて楽なものであるなら、 それは「相手に、気配りをさせている」関係かもしれません。 人間関係とはとても難しいものです。どちらも気配りをしなくても、気...
0
考え方、感情、行動

他人のために時間を使いすぎていないか、見つめ直してみてください。

やるべきことがたくさんあって、やりたいこともたくさんあって、 自分のやる気も十分なのに、なぜか具体的な行動を起こせずに気持ちばかりが空回りになることがありますよね。 そういうときはだいたい「他人のために時間を使いすぎて」いて、自分のことをするための時間の余裕がないので...
2
考え方、感情、行動

誰に相談したいかで、自分の本音を知ることができる。

迷ったり悩んだりしている事柄があり、自分だけでは判断できないときは、誰かに相談して意見を聞きたくなるものですよね。 このとき、複数の知り合いの中から「誰に相談しようと考えるか」に、自分の本音が浮かび上がってきます。「あの人に相談したい」と選ぶ相手によって、もう半分くらい、自...
0
考え方、感情、行動

「余裕をもっていること」の効果は大きい。

自分が「余裕をもっていられる」状態だと、やる気が持続しやすいとか、気力も体力もいい状態をキープしやすいとか、適切な判断を下しやすいとか、たくさんのメリットがあります。 逆に、余裕がなくなると、焦りが生じて、諦めが出やするくなり、状態が一定しなくなって、適切な判断もできなくな...
0
考え方、感情、行動

目指すものがあると、強い自分でいられる。

自分はこうなりたい、このような自分でいられたらいいと、未来に目標となるものをしっかりとイメージできているとき、人は強くいられます。 なかなか行動ができないことがあっても、変えたいのに変えられないことがあっても、目指す場所に向かっていく意欲を持っているときは、諦めの気持ちに押...
0
守護霊

自力は、他力によって支えられている。

自分ひとりの力でやっているように思えることも、間接的には誰かの力をいただいて、ものごとが成立していることは多いです。 たとえば、働きかけをする相手がいてくれるから、その行動できるという関係は多いですし、自分が活躍するための、場所、道具、環境が整っているなら、そこに誰かの労力...
0
考え方、感情、行動

自分と、現実と、夢を、結びつけていく考え方。

大人になると、未来に夢をもつことが難しくなります。それは、人生の時間が有限であるという意識が強くなり、この先の未来の可能性を小さく考えてしまうためだと思います。 人生の時間は有限であることはそのとおりで、実際に年齢を重ねていくほど、実感するようになります。若い頃のような、人...
0
考え方、感情、行動

現実に根ざした夢をもっていけばいい。

大人になるほど、未来に向けて規模の大きな夢を持たなくなり、現実の生活を意識して判断することが多くなります。 若い頃のような夢の抱き方ができないことを残念に思って、「悩み」にしてしまう人が結構いるれど、それは悩むようなことではないですね。誰にも当てはまる普通のことです。 ...
2
考え方、感情、行動

選択に失敗した、と思ってしまうときの考え方。

日々の生活の中で、何かを選ぶとか、何かを判断するとか、決める場面が山ほど発生してきます。細かいものでいえば「今日の昼食は何を食べるか」「買い物はどれにするか」「どのスケジュールを優先して動くか」など、選ぶこと、決めることの連続で時間が過ぎていくものです。 こうした場面で、と...
2
スポンサーリンク