考え方、感情、行動

考え方、感情、行動

新しい行動への迷いは、何度も繰り返し思考をして答えを見つけていく。

これまでと違うことをしようと思えば、「新しい何か」をとりいれることになります。たとえば新しい道具を必要としたり、新しい人間関係の中に入っていくことになったり、活動範囲を広げていくことになったり。 新しいことにはリスク(予想どおりにいかない可能性、損害をうける可能性)が伴いま...
2
考え方、感情、行動

今の状況の中で、できることを重ねていけば進む道はつくられる。

今月のセッションで、何人ものご相談者さまが「やろうと思っていたことを、昨年のうちから行動しておけばよかった」とおっしゃっていました。 頭の中には構想があったものの昨年のうちにはスタートできず、今年になってやっとスタートしたところで、新型肺炎で状況が変わってしまい、昨年から動...
0
スピリチュアル全般

モノが多すぎる環境は、エネルギーが散らかっている状態。

お部屋の中に、モノが多すぎるとき「行動をスタートできない」「つい先送りしてしまう」「どうでもいいことに時間を使ってしまう」ことがとっても多くなります。 モノにも固有のエネルギーがあり、その場にいる人に影響を与えます。 ひとつひとつのモノが放つエネルギーはそれほ...
0
考え方、感情、行動

行動することのエネルギーで、自分を支えていく。

この記事は、3/2に発行したメルマガを転機したものです。 今しばらくの考え方や過ごし方の参考になれば幸いです。 自分がやるべきことをする 今、世の中が、コロナウイルスで、混乱している雰囲気まんまんですが、自分ができることをするという姿勢が大事だと思います。 ...
0
考え方、感情、行動

ひとつに集中しないほうが、大きなことができる性質の人も結構います。

ひとつに力を集中させると大きなことが成し遂げられて、あれもこれもと手を広げると力が分散してしまうので形になりにくい・・・ような気がしてしまうけれど、 これは「人によって違う」し「状況によっても違う」ものです。 対応できる範囲が幅広い人や、複数のことを同時進行をしていく...
4
考え方、感情、行動

学校で勉強した経験が、大人になってから間接的に役立つことは多いのです。

子供のころに学校で習った内容や、勉強して身につけた知識は、大人になって社会にでてから使う機会は限られます。専門分野に進んだごく一部の人をのぞけば、大部分の人にとっては、そのまま役立てる機会はほとんどないですよね。 けれど、長い目でみれば、勉強を頑張った経験は、大人になってか...
0
考え方、感情、行動

決められないときには、新しい判断基準がでてくるまで待ってみる。

どちらを選ぶか。やるかやらないか。迷うなら、決める時期を少しだけ先送りして、時間の経過による変化を待ってみることも役立ちます。 少し時間が経過することで、周囲の状況が動いていき、決めやすくなることもありますし、自分の考え方が変わっていき、決める基準が見つかることもあ...
0
考え方、感情、行動

他人の意見が、自分だけで考えた思考にプラスアルファを与えてくれる。

自分について、自分ひとりだけで考えるという方法は、どれだけ客観的に多角的に眺めたつもりでも、解釈を深めたり広げたりすることは難しいです。 時間をかけても、考え方を変えたつもりでも、いつもと同じ「自分のパターン」の思考を一周なぞっておわってしまい、今と同じところに落ち着いてし...
0
人間関係、コミュニケーション

恋愛をする機会は、人として大きく成長する機会にもなる。

多くの人に当てはまることですが、日常のあらゆる場面でごく普通に「自分の考え方が正しい」「自分のこれまでのやり方が、もっとも自分にあっている」と考えるものです。だから「自分はこれでいい」という結論になります。 自分にあっていて、自分はこれでいいと思っていることは、なかなか「変...
0
考え方、感情、行動

焦らずに、未来に余裕をつくりだす準備をしましょう。

自分は何も力を掛けていないのに、周囲の動きや、他力に助けられて、すいすいと前進していける時期もあれば、たくさんの努力を重ねているのに、なかなかものごとが動かない時期もあります。 自分の思うとおりに進まない時期に、イライラしても消耗するだけですし、他人がもっと自分の思い通りに...
2
スポンサーリンク