考え方、感情、行動

カルマの法則・波長の法則

結果をつくるためには、行動を重ねていくことが大事です。

この世には「カルマの法則」とよばれるスピリチュアルなしくみがあります。 カルマとはサンスクリットで「行い」を意味する単語で、カルマの法則とは、自分のしたことのエネルギーが、いつか何かの形で自分に返ってくるという「原因と結果が結びつくしくみ」のことです。 自分の...
0
考え方、感情、行動

現状にふさわしい「自分らしさ」は、時間とともに変化する。

人生の中で、これまでと同じことを変わらず行っているはずなのに、なぜか「以前のようにうまくいかない」時期があります。または、「そこそこうまくいっていても、これでいいのかという迷いがでてくる」ケースもあります。 こういう感覚がでてくるときは、自分がもっているたくさんの「自分らし...
0
考え方、感情、行動

慎重になりすぎて行動できないときは、準備のための行動から。

このことを「行動したい!」という思いがあるけれど、同時に「準備ができてからやろう」「まだ準備ができていないから、すぐにはできない」という思いがでてきて、行動を押しとどめることがあります。 これは、準備という「事実」はあまり関係がなくて、 実際のところは「気持ち...
0
オーラ

思考したり、行動したりすることは、オーラを動かすことになります。

オーラのようすは、その人自身をあらわしていて、人は常に何らかの「活動」をしていますから、オーラにも「動き」があらわれます。自分の中で循環したり、外へと放たれていたり、他人との間で交流したりしています。 オーラの動きが活発なら、その人自身が「元気よく動いていくことができる」活...
0
オーラ

肯定的でいるほうが、ものごとがうまくいきやすいしくみの説明。

ひとつ前の記事のとおり、自分の力を発揮して活躍するには、肯定的な姿勢になっていることが大事で、否定的になるとものごとがうまくいかなくなります。 このことをオーラと絡めて、もう少し詳しく説明してみます。 肯定的であることが良いというのは、もちろん、ものごとをうま...
0
考え方、感情、行動

力を発揮し、活躍していくためには、肯定的になることです。

この人生における姿勢として「肯定的」でいられるほど、自分的にも無理がなく楽でいられて力を発揮しやすくなり、ものごとがうまくいく可能性が広がっていきます。 肯定的でいるとは、言い換えれば、否定しないことです。 自分自身を否定せず、周囲の人や世の中を否定せず、それぞれの価...
0
人間関係、コミュニケーション

人と比較をすることは、自分を知るための有効な手段です。

自分を知るために効果的なことは、「人と関わる機会をもち、自分と比べてみること」です。この世で、ものごとを理解するために効果的な手段のひとつが「比較」です。 人と関わらず、自分の頭の中だけで「自分とは?」と考えても、既に知っている範囲内しか認識は広がりませんし、思い込みを除く...
0
オーラ

オーラの明るさを「根付かせる」には、行動を習慣化することが一番です。

オーラのようすが、どのくらい明るく輝いているかは、その時点での「状態」のあらわれなので、わりと簡単に変わっていくものです。 迷っていたことが解消されて心が軽くなったり、これから目指してきたい目標が決まってやる気になったり、具体的な事実が変化していなくても、気持ちが変わるだけ...
0
考え方、感情、行動

服装、メイク、髪型は、自分に似合うものを優先して決めよう。

スピリチュアルに関心をもつのは女性が多いので、私のご相談者さまも9割くらいは女性です。ときどき、自分らしさをあらわす一要素である、髪型やメイクやファッションの傾向などで「迷子状態」になっている人からのご相談があります。 女性のファッションはバリエーションがありすぎて、流行も...
0
人間関係、コミュニケーション

自分らしさを表現するときの、対象となる人間関係も考えていくといい。

ときどきいただく相談に「自分らしさを表現していきたいが、何からどのようにしたらいいかがわからない」という内容があります。 文字だけみると、自分のことがわからないという、自分探し的な悩みに思えるけれど、このような迷いがでてくる場合は、「人間関係についても、迷いや不安を抱えてい...
0
スポンサーリンク