オーラ

オーラ

オーラの交流で、似ている人同士が自然に集まり親しくなる。

人のまわりには、その人自身をあらわす「オーラ」というエネルギーがあります。このことはスピリチュアルに関心がある方にはおなじみの知識ですよね。 オーラを「見る」ことは難しいけれど、オーラを「感じる」ことは多くの人が無意識に行っていて、相手のことを把握したり、お互いの情報を伝え...
0
カルマの法則・波長の法則

引き寄せるのは、自分の中にあるエネルギーと同じもの。

オーラは、エネルギーを外へ放ったり、外から受けとったりする「送受信機」としての作用があります。今回の記事は「受けとる作用」についての考察です。 この世には「波長の法則」とよばれるスピリチュアルなしくみがあります。同じ要素をもつもの同士が引きあったり、集まったりして出...
0
オーラ

オーラの色が鮮やかに変化するのは、より大きな成長のあらわれです。

オーラのようすは、自分自身のあらわれです。自分が成長すればオーラのようすも変化していきます。これまでにみられなかった「新しい色が加わる」こともありますし、同じ色のまま「輝き」「透明感」「鮮やかさ」に変化がみられることもあります。 人生の前半くらいは、まだ自分が定まっ...
0
オーラ

頭の近くに集まったオーラの、使い道を決めていく。

頭の周りにあらわれるオーラは、思考、感情、性質などの「内的な要素」が反映していて、この領域の「エネルギーの集まり度合」「エネルギーの動きの活発さ」から、そのときの状態がわかります。 たくさんのエネルギーが集まっているのは、基本的には望ましいことです。思考や感情をめぐらせる燃...
0
オーラ

元気オーラの人と関わると、自分も元気になれます。

人との交流は、お互いのオーラの交流でもあります。オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーの鏡であると同時に「エネルギーの送受信機」でもあるので、オーラを通して情報を伝え合うことになるのです。 オーラとはその人自身をあらわすので、大きくて活力いっぱいであるとか、明る...
0
オーラ

モノが多すぎると、オーラに干渉してくることがあります。

お部屋にモノが多すぎるとか、片付いていなくて散らかっているときなどは、モノが放つエネルギーがオーラに干渉してきて、自分のオーラの中に「ノイズ」をつくった状態になることがしばしばあります。 ものすごく大きな影響ではないけれど、本来のコンディションの上限ではないというか...
0
オーラ

深い緑のオーラ。

深い緑のオーラをしている人は、自分のすべき役割をよくわかっていて、求められていることに対して安定した力を発揮することができます。こうすべきと決まっていること(または自分がそうしようと決めたこと)に、手を抜かずに取り組んでいくので、「この人に任せておけば安心だ」と頼りにされ...
0
オーラ

よく使う道具や服には、自分のオーラがついていて安心感を与えてくれます。

いつも使っている道具や、身につけている衣服には、自分のオーラがついていきます。それらは、自分にとって「違和感がない」「慣れている安心感」を与えてくれます。 道具の中では、たとえば筆記用具、財布、バッグなど「手でふれるもの」に特にオーラがつきやすいです。手にはオーラが...
0
オーラ

お互いに上昇していく、プラスの糸が撚り合わされる作用。

人との関わりは、オーラ同士の交流でもあるので、いつも一緒にいる人や、関わる回数が多い人はお互いにエネルギー的な影響を与えあう度合が大きくなります。 親しい人同士や、仲間内で、誰かひとりでも「目標を達成した」「成長した」「向上した」などの良い結果を出すことができたとき、 ...
0
オーラ

頭のオーラが大きい人は、複雑な思考をしすぎてしまう?

思考力が高く備わっている人は、頭のまわりのオーラが大きく、常に活発に動いているのですぐにわかります。エネルギーの「量」があり、動く「速さ」があるということは、それだけの思考の処理能力があるということです。 思考が処理できる量が多いために、無意識でいても、周囲の何かに...
0
スポンサーリンク