オーラ一覧

自分のオーラがなじんでいるものは、捨てることに抵抗感がでる。

使い慣れたもの、よく身につけているものは、古くなって壊れたり、すり減ったりしていても、そのままとっておきたいような、手放したくない気持ちがでてくることがありますよね。 このような気持ちは、慣れていることへの愛着でもあるのでしょうけれど、自分のオ...

体力が下がっている、疲れているときのオーラ。

オーラのようすには、その人自身があらわれています。 大きくわけると、「本質のあらわれ」と「状態のあらわれ」があり、これらはオーラの次元が違います。 本質とは、たとえば、生まれ持った気質や性質、霊性などの特徴で、こちらは一生を通じてそれほど...

住んでいる地域のオーラ。

人には、オーラと呼ばれる、性質や状態などをあらわす固有のエネルギーがあります。 物や土地などにも、その物や場所に含まれていたり帯びていたりするエネルギーがあります。人のオーラとは構造がまったく違いますが、こちらも、「樹のオーラ」とか、「場所のオ...

オーラの明るさと、性格の明るさは、別の事柄。

人の身体のまわりには、オーラとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがとりまいています。 オーラは、明るい輝きであることが望ましいです。 オーラが明るく輝いているということは、その人自身のエネルギーが活性化していて、肯定的な放ち方になってい...

霊感が強い人によくみられる、首のオーラがうすくなっているようす。

私たち人間は、「肉体をもった霊的な存在」なので、すべての人が、広い意味での霊感を備えています。 霊がみえること=霊感というふうに認識されることが多いですが、霊感というのは、もっと広い範囲のいろいろがあります。 エネルギーが、出入りする...

ヒーリングのセンスは、オーラの色には限定されません。

ご相談者さまのお話をお聞きすると、オーラの色によって、スピリチュアルなセンスの備わり方が決まっているという、思い込みが少なくないようです。 ですが、センスの備わりは、オーラの色とはそれほど関連性はないです。 関連性がゼロとはいいませんが・...

オーラの色が、何色くらいあるか。

性格や性質という、元から備わっている本質的な特徴をあらわすオーラは、頭の上のほうにあらわれます。 「あなたのオーラは、赤い色なので、性格が○○ですね」などと表現する場合は、頭の上にあらわれる色に、赤が含まれているという意味です。 ...

オーラの色の、「むらさき色」。

その人の性質や性格をあらわす「オーラの、むらさき色」は、一般的なイメージの紫色、たとえば「クレヨンのむらさき色」とは、少し違っていて、 どちらかというと、それよりもうちょっとあずき色に近いです。 あずき色、と置き換えてしまうとそれも違うの...