オーラ

オーラ

好意をもつ人間関係のオーラ。

人のまわりには、オーラというスピリチュアルなエネルギーがあり、その人自身のようすが反映されています。 複数の人たちによる「集団」「グループ」にも、「人間関係のオーラ」があり、その関係の信頼度や調和度などが反映されています。複数が放つものでつくられた、複数で共有するオーラとい...
0
オーラ

オーラのクッションで守られている状態。

オーラとは、自分のまわりにあらわれているスピリチュアルなエネルギーのことで、自分の内から外へ、外から自分の内へと、エネルギーをやりとりする送受信器の役割もあります。 オーラのエネルギー量が豊富なときは、エネルギーを伝えたり受けとったりする作用が大きくなると同時に、その豊富な...
0
カルマの法則・波長の法則

オーラを整えると、引きよせる力を強くできる。

オーラには、その人自身のさまざまな情報があらわれていて、オーラとは「その人自身を映し出すエネルギーの鏡」のようなものです。 そして、オーラには「内と外のエネルギーをやりとりする送受信器」としての作用もあります。自分のことを外へ伝えたり、外の情報をキャッチしたりする作用は、オ...
0
オーラ

オーラから、その人の「強いところ」がわかる。

オーラとは、人の体をとりまくように放たれている、スピリチュアルなエネルギーで、その人自身の性質や特徴があらわれます。 オーラの密度は、部分ごとに違っていて、 どの部分にエネルギーが集まりやすいかは、人それぞれ違います。 たくさん集まっている部分は、その人...
0
オーラ

安定した人間関係のオーラは、丸さがある。

人間関係のオーラとは、複数で「つくりだす」オーラであり、「共有する」オーラでもあります。 お互いが持っている性質のオーラ、思い、発言、行動のエネルギーなどがいろいろに混じり合って、化学反応が起こるかのように「その関係をあらわすオーラ」がつくられるのです。 安定...
0
オーラ

オーラが整うと、ものごとを解釈する力が磨かれます。

自分のオーラが整っていくと、ものごとを解釈する力が磨かれていき、気づきが増えていくでしょう。さらには、他者とのコミュニケーションもスムーズになり、よい関係がつくられていくことも期待できます。 オーラは、自分をあらわすエネルギーであると同時に、エネルギーをやりとりする...
0
オーラ

仲がいい人間関係では、お互いのオーラが似てくる。

人間関係とは、オーラ同士の交流でもあります。 実際のやりとりや、関わりがなされることに比例して、お互いのオーラもエネルギーレベルでのやりとりがなされ、影響を与えあうことになるので、 一緒にいる時間が長かったり、関わりが頻繁だったりすると、それぞれが相手に与える作用と、...
0
オーラ

親しみや安心感がある、人間関係のオーラ。

人のまわりには、オーラというスピリチュアルなエネルギーがあり、オーラのようすにはその人自身があらわれます。 複数の人たちによる「集団」「グループ」にも、「人間関係のオーラ」があり、オーラのようすには、その関係の信頼度や調和度などがあらわれます。 お互いによく知...
0
オーラ

繊細なオーラの人は、意識的なわりきりが大事です。

オーラには、布の風合いのような質感のあらわれがあります。オーラの色や大きさと並び、質感もその人自身を示す要素のひとつです。 オーラは、エネルギーをキャッチする網のように作用します。 質感のようすは、キャッチする網が「粗い」か「細かい」かの差となり、細かいほどエネルギー...
0
オーラ

オーラのクッションで自分を守る。

オーラが整っているときは、自分をとりまくエネルギーが十分にあって、エネルギーのクッションで自分を守っている状態になります。 エネルギーで守られていると、外からやってくるものを警戒して構える状態にならなくてすむので、楽な気持ちでいられます。 こういうときは、何に...
0
スポンサーリンク