オーラ

オーラ

オーラが大きい人は、存在感の大きさをいかしていこう!

オーラが大きい人は、存在感と影響力が大きいです。今回は「存在感」についてとりあげます。存在感とは、そこに在るという印象が大きいことです。つまり、何もしていなくても、そこにいるという「気配」や「実在感」が大きくて印象深くなったり、目だったりするということです。 何もし...
0
オーラ

似たようなオーラ同士の、人間関係は。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいと...
0
オーラ

オーラの色の「比率」は、入れ替わることがよくありいます。

性格や性質をあらわすオーラの色は、人によりますがだいたい2~3色あるのが一般的です。もう少し多い人もいます。人の性質は複雑で多面性がありますから、(そのあらわれである)オーラの色が1色だけというケースはまずないです。 性格や性質をあらわす色は、成長により変化はします...
0
オーラ

本音より建前が多くなりすぎると、オーラにグレーのもやが掛かります。

社会の中で、本音100%で生きることは難しいので、誰もがある程度は「本音と建前を使い分ける」ものです。そうすることで、いい距離感の関係をつくることができ、自分的にも、本音ばかりを語らなくて済むので楽でいられることが多いです。 こうした、バランスをとるための「本音を全開にしな...
0
オーラ

オーラ透視的に、「見分けが難しい色」がある。

これは、オーラ透視者からすると「あるある」なのですが。オーラ透視的に、「見分けが難しい」「見間違いをしやすい」色というのがありまして。 なぜか、オーラの「金色と赤色」は間違いやすいです。そして「紫と白」は見分けが難しいです。物理的な視覚的には、まったく別の二色なのに...
0
オーラ

完璧主義な人のオーラ。

すべてを高い質でやりとげたいという理想をもっていて、実際にそのように遂行しようとする意志が強い「完璧主義者」のオーラは、エネルギーを受信する網目が細かく、エネルギーが動くときの振動が速いという特徴がみられます。 自分はこうしよう、このようでありたいという意識が高い人...
0
オーラ

やりたいことに向かっているときの、オーラのキラキラ感。

やりたいことが明確になっていて、そのことへ向かっていこうという意思をもっているときのオーラは、力強くてキラキラとした輝きがあります。 こういうオーラになっているときは、心配や不安をはねのけることができ、すべてに対して意欲がわいて肯定的な受け止め方ができるので、「やり...
0
オーラ

女性のほうが、不安になりやすい?

先日読んだ雑誌の記事で、「女性の脳の構造的に、男性よりも不安になりやすい傾向がある」ということが掛かれていました。確かに、オーラ的にみても同じことが言えるなあと思いました。 過去記事でもよく取り上げていますが、男性のオーラと女性のオーラを比べると、女性のほうが「質感...
0
オーラ

霊感が強い人のオーラは、情報が読み取りやすいです。

セッションの時に、会話のやりとりもスムーズ、霊視作業もスムーズとなるのは、ご相談者様が霊感が強めであるか、コンディションが整っているかのどちらかです。この2つの条件は、私の側からすると「情報を読みとるためのスクリーンがクリア」な状態です。 霊感が強い人のオーラは「霊...
0
スピリチュアル全般

人が立ち去った後にも、オーラがしばらく残ることがあります。

たとえば、誰もいない会議室内や、誰も座っていない公園のベンチで「少し前まで、ここに人がいたのではないかな」という感覚になることがありますよね。これは、そこにいた人が放ったオーラが、(立ち去った後も)しばらくその場に残っているためです。 人が放つオーラは、生命力という活気がの...
4
スポンサーリンク