オーラ

オーラ

オーラの色には、自分らしさがあらわれている

オーラの色にあらわれているのは、自分自身がもつ個性です。オーラを知ることは、自分自身を知ることになります。 オーラの色を知ってから、自分を知るというというのは、ワンクッションあって遠回りのようですが、だからこそ客観視しやすいともいえます。 自分で自分を‥‥‥というのは...
0
オーラ

女性のオーラと、男性のオーラの比較

男性と女性のオーラを比較すると、それぞれどの部分が大きいかにかなり特徴がみられます。もちろん個人差があるので、あくまで傾向ですが。 オーラには層があり、内側に近いほど肉体などの現実的なことをあらわします。こちらは男性のほうが体力的に勝っている点が反映して、オーラは大...
0
オーラ

性格や性質をあらわすオーラの色は、2~3色あります

セッションでお伝えしている「オーラの色」とは、頭の上のほうにでる「本質をあらわすオーラの色」のことです。本質とは、こういう性格をしているとか、こういう性質をもっているとか、その人らしさをあらわす要素のことです。 本質の部分をお伝えしていますから、今日はこの色、明日はこの色と...
0
オーラ

こういう「感じ」がする人のオーラは、きっと明るく輝いている。

オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーであると同時に、エネルギーを放ったり、受けたりする送受信機でもあります。人との交流とは、オーラの交流でもあり、お互いにエネルギーレベルでの影響を与えあっていることになります。 お互いによい影響を与えあうには、自分のコンディションを高...
0
オーラ

頭のオーラが大きい人は、意識的に「思考を行動に結びつける」といいです。

頭のまわりにあるオーラには、内的な要素があらわれます。この部分のオーラが大きい人は、思考、感情、感性、霊性などが大きく備わっているということです(このうち、どれが優れているかは人により違います)。 トータルではメリットが大きいですが、それゆえの注意点も存在します。頭の中でシ...
3
スピリチュアル全般

オーラが重いときは、ウォーキングがお勧めです

オーラは送受信機としての役割もあり、常に自分のエネルギーを放ったり、外のエネルギーを受けとったりしています。この二つの働きはバランスよくなされているものですが、ときどき「受けとりすぎ」になり「不要なエネルギーが抜けていかずにオーラの中にとどまってしまう」ことがあります。 不...
0
オーラ

頭のオーラには、思考、感情、その他、内的な要素があらわれます。

頭のまわりには、体のまわりにある全体的なオーラとは別の「内的な要素をあらわすオーラ」があり、思考、感情、霊感、感性全般、その他いろいろなことが反映しています。 この部分にどのくらいのエネルギーが集まり、どのような放ち方をしているか、あとは形状(特徴的な形状はあらわれる人と、...
0
オーラ

オーラの色が多色な人は、多才で多彩な人

頭の上にあらわれるオーラの色は、本質としてもっている「性格」「性質」があらわれます。人は多面体なので1色だけのひとはいなくて、だいたい2色はあります。 スピリチュアルに関心がある人は、もうちょっと多くて3~4色ある人が多いかなと思います。それ以上の人もいます。 ...
0
リーディングセッションについて

オーラのようすから、ご自身がもつ特徴などをお伝えしています

すべての人に固有の「特徴」「個性」があり、これらをもっていない人はいません。オーラのようすはその人自身をあらわしているので、オーラの色、大きさ、形状、エネルギーの放ち方などの特徴から、固有の性質をみてとることができます。 ひとりひとりの特徴を知ることで、自分自身が生きやすく...
0
オーラ

オーラにあらわれる自分らしさと、外からの影響のバランス

こちらの過去記事のとおりで、オーラに映っているのは自分自身のようすであるべきで、自分らしさを出さずにいて外のエネルギーばかりが映ってしまうと調子がでなくなったり、自分のことがわからなくなったりします。 これだと「影響を受けすぎている状態」ですから、自分らしさがあらわれている...
0
スポンサーリンク