オーラ

スピリチュアル全般

成長していくほどに、オーラのエネルギーも純化していきます。

オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーの鏡なので、人として成長がなされていくと、オーラのようすにも変化がみられます。 成長していくとオーラも純化ていくので、オーラがもつ、エネルギーを「伝える」「伝わる」働きが、よりスムーズに行われます。純化していくとは、伝達を遮る要素が...
0
スピリチュアル全般

オーラが大きい人や、霊感が強い人は、惚れっぽくなりやすい?

オーラのサイズが大きい人や、霊感が強めの人は、相手のことをまだそこまで知らない状況でも「簡単に恋愛感情を抱いてしまう」「惚れっぽい」という特徴があります。 または、恋愛以外の人間関係においても、「関わりをもった相手に好印象をもちやすい」「嫌いになりにくい(否定的な感情をもち...
0
オーラ

オーラから、過去の状態を把握することもできます。

オーラとは、その人自身を映しだす「エネルギーの鏡」で、その人自身が備えている性質や、そのときの状態などをオーラのようすから把握できます。 また、過去のことも多少は把握できます。現時点のようすを基準点として、だいたい三日前くらいのようすはこうなっていて、ひと月前くらいだとこう...
0
オーラ

女性は、オーラの質感が細かい人が多いです。

男性と女性のオーラをくらべると、もっとも大きな違いは「質感の細やかさ」です。質感とは、布にたとえたときのような「オーラというエネルギーがおりなす風合い」のことで、 一般的には、女性のほうが「細かい質感のオーラ」をもっている人が多いです。 質感が粗い網目になって...
0
オーラ

手からエネルギーを伝える力が強い人は、「作る」「育てる」ことが上手です。

手のまわりにはたくさんのオーラが集まっていて、手のオーラからエネルギーを伝えていくことができます。 よく使う部分にオーラが集まるしくみがあるので、誰もが、手にはオーラが集まっていますが、とりわけたくさんのオーラが集まっている人が一定数いて、 そういう人は、手から対象物...
0
オーラ

日本人のオーラの色が、変わってきた話の続き。

前回の「日本人のオーラが変わってきた」という話題の続きです。 日本人は、自己主張があまり強くなく、というか、自己主張を「わざわざしなくても生きているしくみが整っている」という恵まれた環境で生活しています。 そうなると、自己を前面に出すより、全体のまとまりをつくり、ルー...
0
オーラ

日本人のオーラが、10年前と比べて変化してきています。

最近、セッション中にふと気づいたことがあって、私がこの仕事をはじめた10年前くらいと比べて「日本人のオーラの色」が変化してきているなあ、と。 以前はもっと、青系オーラの人の比率が多かった気がします。ブログの過去記事でも、初期のほうは青系オーラを説明している記事が多め...
2
オーラ

オーラの動きが、情報を受けとる「エネルギーの経路づくり」になる。

オーラの動きにはいくつかの種類があり、代表的なものが、外へ向けて「放つ」動き、内で「めぐる」動き、そして、他者との間を「交流する」動きです。 オーラとは、自分をあらわすエネルギーであると同時に、エネルギーの送受信機でもあるので、オーラがよい状態になっているときは(受信機の感...
0
スピリチュアル全般

エネルギーの影響を受けると、むくみがでることがある?

エネルギーに敏感な人は、おそらく思い当たることが多いと思いますが、霊的なエネルギーの影響を強く受けたり、人間関係において相手の影響を受けたりしたときに、体にむくみがでることがあります。 これは、自分以外のエネルギーの作用で、自分のオーラのめぐりが妨げられることが原因です。 ...
0
スピリチュアル全般

エネルギーは、エネルギーを運ぶための装置でもあります。

オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーであると同時に、内と外で、エネルギーをやりとりする際の送受信機となる作用ももちます。 つまり「それ自体がエネルギー」であり、「エネルギーを動かす装置」でもあるという、二つの役割を兼ねているのがオーラです。 スピリチュア...
0
スポンサーリンク