オーラ

オーラ

小さいオーラになるとしたら、一時的なあらわれです。

これまでの経験から思うことですが、オーラの大きさが「一般的なサイズ ~ それより大きなオーラ」という範囲内に位置する人がほとんどで、極端に小さいオーラの人は、あまりいらっしゃらないようです。最近になって、ふと気づきました。 このことは、すべての人が、一定以上のエネルギーやパ...
0
オーラ

人との関わりが、オーラのようすにあらわれる。

オーラとは、その人自身のようすをあらわすエネルギーであると同時に、エネルギーを放ったり、受けとったりする「送受信器」でもあります。 オーラを受信器としてとらえた場合に、オーラへのあらわれから、その人と関連する人間関係の広さや深さが、いくらか推察できます。 しく...
2
オーラ

霊感が強い人は、首の近くのオーラが薄くなっていることが多い。

霊感が強い人は、首のオーラが、エネルギーの集まりが薄くなっていたり、亀裂がはいったような状態になっているケースがときどきみられます。 理由はふたつあります。 ひとつは、頭のまわりのエネルギーが多いためです。 内的な領域の要素は、頭の近くのオーラにあらわれ...
0
オーラ

スポーツ選手のオーラは、大きくて動きもわかりやすい。

普段から体を動かしている人のオーラは、エネルギーの動きが活発です。 一般人でも、普段からよく動いている人と、そうでない人を比べると、エネルギーの活気がかなり違います。動きの量が桁違いのスポーツ選手であれば、なおのこと、そのあらわれは大きくなります。 体を動かすと、...
2
オーラ

大きなオーラの人が、より大きな影響力をあらわすためには。

大きなオーラをしている人は、行動に伴う影響力が大きくあらわれます。 オーラは、エネルギーそのものであると同時に、エネルギーを放つための発信器でもあるためです。 影響力とは、働きかけを通して作用をあたえる力のことなので、この力をいかすためには「何らかの働きかけをすること...
0
オーラ

オーラにあらわれる未来の可能性は、確定ではない。

オーラのようすには、その人自身のいろいろなことが反映されています。オーラとは、別の次元にある「エネルギーでできている鏡」のようなものですね。 オーラという鏡に映っていることを、エネルギーレベルで解読することで、少し先の未来を推察できたりもします。 ただし、エネルギーに...
0
オーラ

大きなオーラの人は、相手に印象が深くなる。

オーラが大きい人は、存在感があり、言動に伴う影響力も大きいので、相手に刻まれる印象が深いものになりやすいです。 そのため「同じ行動をした相手に、深く印象が残っている」のに、自分からみればそこまでの印象ではないという差がつくられてしまい、 (しかし相手には理由はわかりま...
0
オーラ

オーラから、その人の「強いところ」がわかる。

オーラとは、人の体をとりまくように放たれている、スピリチュアルなエネルギーのことで、その人自身の性質や特徴があらわれます。 オーラは、全体が均等にはなっていなくて、部分ごとにエネルギーの密度が違っています。「頭の近くにオーラが集まっている」「手にオーラが集まっている」という...
0
オーラ

頭の近くのオーラは、集まっているので見えやすい。

オーラとは、人の体を中心に放たれているスピリチュアルなエネルギーのことで、オーラのようすには、その人自身のようすがあらわれています。 オーラは、体をとりまくように存在しているけれど、 どちらかといえば「上部」に、とくに「頭のまわり」にたくさんのエネルギーが集まっている...
0
オーラ

仲がいい人間関係では、お互いのオーラが似てくる。

人間関係とは、オーラ同士の交流でもあります。 実際のやりとりや、関わりがなされることに比例して、お互いのオーラもエネルギーレベルでのやりとりがなされ、影響を与えあうことになるので、 一緒にいる時間が長かったり、関わりが頻繁だったりすると、それぞれが相手に与える作用と、...
0
スポンサーリンク