オーラ

オーラ

オーラのようすは常に変化する(人のコンディションが変化するので)

オーラのようすはその人自身のようすで、肉体的なコンディション、内的な思考や感情の動き、その他さまざまな要素が反映しています。人のコンディションは一定ではなく、その時々で上がったり下がったりするので、オーラもそれにつれて変化します。 上がったり下がったりする「幅」とは、その人...
0
オーラ

学びが進み、状態が整うと、オーラに「未来の可能性」が映し出される。

セッションの開始の時点で、相談事項についてお聞きするより先に「そのときのオーラの状態」をお伝えすることがあります。 オーラはその人自身を映し出す鏡で、 オーラとその人のようすは連動していますから、オーラから逆算して最近の気分や体調などのコンディションがある程度は把握で...
0
オーラ

青系オーラの人は、視覚をつかった判断が得意です。

オーラの色に「青系」が含まれている人は、「目で見て理解すること」「見ることから情報を判断すること」などが得意です。 オーラの色とは、エネルギーの取り入れ口であるチャクラと関連があります。目の近くにあるチャクラが青なので、オーラにこの色がでているということは、視覚をつ...
0
オーラ

何かいろいろ言われやすい、オーラが大きい人の特徴。

よくある悩みとして「いつも自分ばかりがいろいろ言われる」「他の人にはそうではないのに、自分ばかりが損な役回りをやらされる」というものがあります。こうなってしまうのは、オーラとエネルギーの観点からみて二つの原因が考えられます。 オーラのサイズが大きいことと、 自分らしさ...
0
オーラ

オーラの輪郭がにじんでいる状態だと、強い印象を与えにくい?

オーラのサイズがとても大きい人は、存在感があって目立つので他人の印象に残りやすいのですが、「オーラの輪郭がぼやっとにじんだような」状態になっている人は、特性がうまく発揮されずに、強い印象を刻むことができない場合が多いようです。 理由としては「輪郭がぼやっとしてはっきりしない...
0
オーラ

オーラが大きい人は、存在感も大きい。

オーラが大きい人は、ただそこにいるだけで人の関心を集めて目立ってしまいます。オーラの大きさは、存在感の大きさでもあるからです。 人は皆、エネルギーを「感じとる」力をもっているので、オーラが大きい人特有の存在感(他の人とは違う感じ)に意識と視線が集まるのでしょうね。 ...
2
オーラ

オーラが大きい人によくみられる特徴

オーラのサイズが大きい人は、以下のような特徴があります。大部分が当てはまるなら、あなたのオーラは、標準よりも大きめサイズだと思います。 道を聞かれることが多い どこにいても周囲に人が集まってくる グループ内でのリーダー役、世話役がいつもまわってくる ...
0
オーラ

自分を否定していると、赤いオーラの人に苦手意識が出やすい。

こちらの過去記事でも少しふれていることですが、自分への否定がつくられていく中で「なぜか赤色が苦手になる」ことがあります。全員に見られる現象ではないのですが、このことが該当するケースは結構多いです。 そしてこれも全員ではないですが、自分への否定があると、 オーラが赤い人...
0
オーラ

青いオーラの人は、たくさんの情報にふれていると力を出しやすい。

青いオーラの人は、理性での思考が得意です。冷静に分析してものごとを判断してから行動することを好みます。勢いだけで動くことは少ないです。 勢いだけで動かない、ということは「分析して判断をするための情報が不十分では、いつまでも思考の段階から前に進まずにスタートできない」...
0
オーラ

頭のオーラが大きい人は、複雑な思考をしすぎてしまう?

思考力が高く備わっている人は、頭のまわりのオーラが大きく、常に活発に動いているのですぐにわかります。エネルギーの「量」があり、動く「速さ」があるということは、それだけの思考の処理能力があるということです。 思考が処理できる量が多いために、無意識でいても、周囲の何かに...
0
スポンサーリンク