オーラ

オーラ

思考力の高さをいかすことは、スピリチュアルな力の発揮にもつながります。

オーラは、人の体のまわりを囲むように放たれているエネルギーですが、全体が均等な放ち方にはなっていなくて、その人が「頻繁につかう部分」や「優れている部分」に、より多くのエネルギーが集まっているものです。 こうした規則性から、オーラのようすをみれば、エネルギーの集まり度合から、...
0
オーラ

本音より建前が多くなりすぎると、オーラにグレーのもやが掛かります。

社会の中で、本音100%で生きることは難しいので、誰もがある程度は「本音と建前を使い分ける」ものです。そうすることで、いい距離感の関係をつくることができ、自分的にも、本音ばかりを語らなくて済むので楽でいられることが多いです。 こうした、バランスをとるための「本音を全開にしな...
0
オーラ

オーラの色が鮮やかになるのは、より大きな成長のあらわれです。

オーラのようすは、自分自身のあらわれです。自分が成長していくと、オーラのようすも変化していきます。これまでにみられなかった「新しい色が加わる」こともありますし、同じ色のまま「輝き」「透明感」「鮮やかさ」に変化がみられることもあります。 人生の前半くらいは、まだ自分が...
0
オーラ

オーラが大きい人は、周囲に人が集まりやすい。

オーラが大きい人は、周囲に「人が自然に集まってくる」ことが多いです。 たとえば、買い物中に、自分がその売り場に行ったとたんに混雑してきて、しょうがなく人がいない場所に移動をすると、またその場に人が集まってきて・・・と、なぜか人を集める磁石になってしまうのは、オーラが大きい人...
2
オーラ

やわらかいオーラは、受けとるものが増える。

オーラには、エネルギーの送受信機としての働きがあります。「やわからいオーラ」になっていれば、外のエネルギーをたくさん受けとることができ、豊かになり充実します。逆に「かたいオーラ」になっていると、外からのエネルギーをはじいてしまい受けとることができません。 外からのエネルギー...
0
オーラ

ツヤがあるオーラは、洗練×創造的なパワーのあらわれです。

本質をあらわすオーラの色は、頭の付近にあらわれます。2~3色あるのが一般的で、もう少し多い人もいます。 オーラの色に「ツヤ」がでているような、鮮やさと透明感があるときは、その色があらわす要素が「洗練」されて「創造的」なパワーがのっている状態です。 たとえば、青...
0
スピリチュアル全般

エネルギーの影響を受けると、むくみがでることがある?

エネルギーに敏感な人は、おそらく思い当たることがあるはずですが、霊的なエネルギーの影響を強く受けたり、人間関係から相手の影響を受けたりしたときに、体にむくみがでることがあります。 これは、自分以外のエネルギーの作用で、自分のオーラのめぐりが妨げられることが原因です。 ...
0
オーラ

霊感が強い人は、首の近くのオーラが薄くなっていることが多い。

霊感が強い人は、首のオーラが、エネルギーの集まりが薄くなっていたり、亀裂がはいったような状態になっているケースがときどきみられます。 理由はふたつあります。 ひとつは、頭のまわりのエネルギーが多いためです。 内的な領域の要素は、頭の近くのオーラにあらわれ...
0
オーラ

後方からのサポート役を卒業して、前方で自分らしさを出していく。

オーラのサイズが大きい人は、他人に働きかける影響力が強く、ものごとの全体を見渡す視野の広さをもっているので、その場をうまくまとめる動きが上手です。 全体が調和するためには何が必要で、そのために自分は何をすればいいかという判断ができるので、後方から全体をサポートする立ち位置で...
0
オーラ

明るく輝くオーラの人同士は、お互いを助けあえる関係になります。

オーラとは、その人自身をあらわす「エネルギーの磁石」で、明るく輝くオーラをしている人のまわりには、たくさんの人が集まることが多いです。 オーラの動きを停滞させるものがなくて、明るい輝きを放っていられるときは、その人らしさを発揮しやすい肯定的な姿勢でいられるので、そういうとこ...
0
スポンサーリンク