小さい子、赤ちゃんのオーラは、大人のそれとは違っている。

小さい子どものオーラと、大人のオーラの様子は、まったく違っています。

大人のミニサイズ版、ではないですね。

子どもの時期というのは、体つきも中身も、まだ定まっていない成長の余地があり、柔軟さもありますよね。そうした状態が反映した、子どもならではのオーラのようす、というものがあるのです。

 

ふんわりとした、まるさを感じさせるオーラ。

大人のオーラの様子というのは、頭の近くには内面が反映したり、周囲には状態が反映していて、それは幾つかの「層」になっていたりと、とっても複雑な様子があります。

しかし小さい子どものオーラは、そうした大人のオーラとは違っていて、オーラ全体が「かたまり」のように、ふんわり&ほわーんとしているエネルギーです。

その状態は、たとえて言うなら、空気や水分がたくさん含まれているような、ふんわりフカフカな羽布団のような高級タオルのような風合いで、弾力のあるやわからさを見た目にイメージさせるようなオーラです。

印象として、「まるさ」とか「まろやかさ」みたいなものを感じさせるオーラです。

定まっていない、エネルギーそのもの。

まだ未知数の要素がいろいろありますから、その分、いろんな「可能性を含んでいる、瑞々しくてフレッシュな雰囲気」があります。

しかし、人生経験が重ねられていない分だけ、定まったものが作られていない「不確かさの雰囲気」もあります。

そのふんわりした定まらない感じが、見方によって、万能感のようでもあります。

可能性、万能感、瑞々しさ、不確かさ、同時に、とても強い生命力も含まれているような、いろんなものを内包している、ふんわりとしたエネルギーですね。

子どもといると癒されたり、楽しい気分になったりするのは、そうしたふんわりしたオーラから伝わるエネルギーによるのでしょう。

 

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました