身体を動かす刺激が、よいアイデアに繋がる。

考えても、考えても、なかなか良いアイデアがでてこなかったり、

頭の中に、輪郭としてのそれは存在しているのに、あと少しのところで、具体的な形になりきらないままだったり、

あと少しで何かがつかめそうなのに、そこから先が進まない、まとまらないという状況になることがありますよね。

そういうときは、「どうやって考えたら、このアイデアがまとまるか」という、

思考そのものから一度はなれて

身体を動かすことを、行ってみるといいです。

同じ状態になってしまう、同じ思考から先にすすまないときは、エネルギーの動きも、同じような振動を継続しているものです。

身体を動かすことで、「違うエネルギーの振動」を加えてみると、それまで固まって動かなかったものが揺り動かされるように、思考の内容にも変化があらわれることが多いです。

思考からはなれて、外へ出て散歩するとか、

作業の手をとめて、身体をつかった動作をするとか、

ほんのちょっとの動きでも、身体をつかった動きの振動は大きいので、

内的なエネルギーも一緒に動いて、思考が切り替わっていくのでしょうね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加