よく使う道具や衣服には、自分のオーラがついていて安心感を与えてくれます。

いつも使っている道具や、身につけている衣服には、自分のオーラがついていきます。それらは、自分にとって「違和感がない」「慣れている安心感」を与えてくれます。

壁にかかる白いドレス

道具の中では、たとえば筆記用具、財布、バッグなど「手でふれるもの」に特にオーラがつきやすいです。手にはオーラがたくさん集まっているので、手から道具へとオーラがうつっていくためです。

衣服だと「頻繁に身につけるもの」「麻や綿などの天然素材でできているもの」にオーラがつきやすいです。天然のものはエネルギーとなじみやすい性質をもっているからです。

自分専用にしている道具を、他人に使われたくないと感じたり、借りた洋服は自分になじんでいく感じがしないというケースは、わりとあるように思いますが、それはこうした「持ち物についているオーラ」の感覚があるからでしょうね。

こうした「帯びたオーラ」「人からモノへ移ったオーラ」は、時間とともに薄れていきますが、ずっと同じ人が使い続けたり、頻繁に身につけていけば、オーラがそれにとどまる時間も長くなっていきます。

長く使い続けたものに愛着がわくのは、感情的な思い入れがあることに加えて、こうした自分のオーラがなじんでいることで「自分の一部分」のような感覚がでてくるためでもあるでしょうね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント