感性の鋭さを、うまくいかす使い道を考える。

花と少女

感性が鋭く、他人が求めていることや期待していることが「わかってしまう」のは、とても疲れるものです。わかっているのに、気づかないふりをするわけにもいかず、気配りをしすぎて消耗するからです。

こうなると、わかってしまう感覚が、負担で邪魔なものに思えてしまうのですが、それは使い方次第です。わかるという感覚は素晴らしい才能なのだから、

疲れて消耗する力の使い方を減らして、

納得できて喜びを感じられるように、使い道を考えてみましょう。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

言の葉
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント