人と会話をすることは「エネルギーを外へ出していく」機会になります。

人と会話をすることは、発言という「エネルギーを口から出す」ことになります。疲れているときに、人と会話をすることで「すっきりしたり」「軽くなったり」するのは、気持ちの面だけでなく、エネルギーレベルでもリフレッシュになっているのです。

ランプを掲げて進む少女

言葉を話すというのは「意味をもつエネルギーの放出」なので、たとえば「ただ息を吐くだけ」というシンプルなエネルギーの放出と比べて、より大きな作用になります。

そう考えると、人と会話をする機会があるというのは恵まれていて幸せなことですよね。お互いに不要なエネルギーを出していく機会になり、相手を通して必要な情報を得られたり、気づきのきっかけになったりしてくれる人間関係を大事にしていきたいものです。

コメント