似合う洋服を着るプラス効果は、仕事にもいかせます。

女性からの仕事の相談で「そんなつもりはなかったのにリーダー職についてしまい、プレッシャーで苦しく困っている」という内容がここ数年で増えてきました。

以前はいただくことがなかった類の内容なので、女性登用という時代の流れがあることを感じます。今は「女性が急にリーダー職になってしまう」状況なんだなあと、ひと昔前とは、女性が抱える悩みの内容がまったく変わってきていることに驚きます。

私はそういうビジネスコンサルが得意なので、具体的なコミュニケーションの仕方、思考の仕方(これまでとの変え方)の要点を指導することもできるのですが、それよりも優先してお勧めしているのは「似合う洋服を着る」ことです。

ここから変えていくといい理由は、効果が出やすい上に、気持や姿勢を変えていくより「とりくみが容易い」からです。

ピンクのドレスイラスト

人にオーラというエネルギーがあるように、洋服や靴などの「モノ」にも固有のエネルギーがあります。生命力のあらわれではないのでオーラとはちょっと違いますが、そのモノ自体の質をあらわすエネルギーがあるのです。

そして自分とこれらの間には「相性」があります。似ている質のものを身につけると「外付けパーツで自分のオーラを増強した」状態をつくることができます。

自分のエネルギーと似ている質の「洋服」「靴」「バッグ」などを選んでつかっていくと、それだけで毎日エネルギーがプラスされている状態です。

エネルギーがたくさんあると余裕がつくられて自信がもてます。自分という存在が引き立っていくようになり、発する言葉に力が乗るようになります。

それをどのように判断すればいいかという基準は、自分とエネルギーが似ているものは「似合う」という印象になります。または手でふれたり身に着けたりしたときに「しっくり」くる感じもあります。

少しずつクローゼットの中を「似合うもの」「力をくれるもの」で揃えていくと、いつでも自分らしくいられる助けになりますし、プラス効果を与え続けてくれます。

+41

コメント