霊感が強い人は、何にも影響されない「自分の時間」をとるといい。

霊感が強いということは、感性が反応できる幅が広いということです。あらゆるエネルギーに感化して気持ちが動かされてしまうので(影響を受けやすいので)、

思いや行動の向かう先が一貫しなくなります。

柔軟であるともいえるのですけれどね。何がしたいのか、どこに向かっているのか、「自分でもわからなくなる」のは、霊感強めの人にはよくあることです。

空をみあげる女性

感化されすぎて、自分のことがわかりにくい。

それで「自分探し」の沼にはまることもあります。

また、何においても「考えすぎる」ところもあります。影響を受けるのは人やモノという形あるものばかりではなく、他人が放った思いのエネルギー、その場の空気感もあるので、そうしてなんとなくの思考をしているうちに、とんでもなく時間が経ってしまうのも霊感強めの人「あるある」です。

霊感が強い自覚があり、自分が何がしたいのかわからない人は、自分ひとりの時間をとって(何にも影響されない時間や空間をとる)、じっくりと「心の声」を聴いてみるのがいいでしょう。

コメント