日常の中に、スピリチュアルが含まれている。

スピリチュアルな知識と、はじめて遭遇してからしばらくの間は、今までの感覚や考え方と違う世界が広がっていくような、ちょっとした高揚感とともに、

「非日常」的な感覚で、それらをとらえていくこととなるでしょう。

しかし、そういう感覚で過ごしていくのも、数年くらいでしょうか。

相応の時間がたって、スピリチュアルな知識が、自分の中に浸透していけばいくほど、結局は「日常」にすべてが集約されていると、わかってくるもので、

そうなると、その人にとって、スピリチュアルな知識も、スピリチュアルな世界も、特別なことではなくなります。

「別世界の非日常的」な話だと思っていたことは、「この世界にある日常」の話で、日々の生活で自分が経験していることの中に、必要なすべてが含まれているとわかってきますからね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加