お部屋の中に、霊の気配を感じたときの切替え方法は「窓を開ける」こと。

霊感が強めの人は、ふと「部屋の中に誰かの気配を感じる」とか、「なんとなく、部屋の中に霊がいるような気がする」ことがあるものです。霊の姿が視覚的にみえなくても、把握ができることってありますよね。

そうした状況を切り替えるなら、

もっとも手軽で効果的な方法は「窓を開けること」です。

窓を開けることによる効果は、大きくわけると2つで、

ひとつは、波長が切り替わる作用です。

外の空気が入ってきてリフレッシュされると、現状のエネルギーのつながり(波長が引きあっている状態)が切り替わることになります。気の流れがあると、同じものが停滞していることがなくなります。

もうひとつは、出口をつくることです

意外なことに?霊は、壁をすり抜けるなどして出てくることは少なく(エネルギー体なのだから可能なはずですが)、窓やドアの位置から出入りすることがわりと多くみられます。窓を開けてエネルギーの出口をつくっておくと、空気の入れ替えがなされることに伴って、自然とその場から去っていかれるケースがほとんどです。

コメント