ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている?

私たちは、たましいを引き継いで何度も生まれ変わって学んでいますから、誰もが「前世」という以前の生の経験をもっています。

スピリチュアリズムに関心がある方には、お馴染みの知識ですよね。

そのことを理解している人は、たとえば、初めて会ったのになぜか懐かしい気持ちになったとか、ちょっとしか関わりがないのに相手に信頼感が強くでる、という状況になったときに

「もしかして、この人と自分は、前世でも関わりがあったためではないか」という気持ちになることもあるでしょう。

しくみ的な話をするなら、この世で関わることになる人の大部分は、「前世のどこかでも、少しくらいは関わりをもっている」相手であることが多いようです。

親しい関係ではなくても、お互いの存在を認識しあうほどではなくても、同じ集落にいたとか、同じ学校にいたとか、すれ違ったことがあるとか笑、

そのくらいの小さいことも含めれば、何かしらの関わりがあった人同士が、そうした縁をたぐりよせるかのように、今世でも出会って関わりをもつこととなるようです。

今世で出会うどの人とも、広い意味でいえば、前世のどこかで(すれ違うくらいは)関わっている可能性は高いという事実があり、

その中でも、とりわけ印象が強いとか、懐かしい感覚になる相手は、もしかすると、前世でも関わりが深かったのかもしれませんね。

すれ違ったりする程度の薄い関係ではなく笑、ちゃんとお互いの存在を認識しあっているような間柄であることが、今世での懐かしさにつながっている可能性はあります。

しかし、そうした印象深いごく一部の相手だけでなく、すべての人たちと、広い意味ではご縁を持っているしくみなので、

今世で出会うことになる、すべての縁が、不思議で貴重な繋がりだという受け止め方をしていくのがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました