他人のために時間を使いすぎていないか、見つめ直してみてください。

やるべきことがたくさんあって、やりたいこともたくさんあって、

自分のやる気も十分なのに、なぜか具体的な行動を起こせずに気持ちばかりが空回りになることがありますよね。

そういうときはだいたい「他人のために時間を使いすぎて」いて、自分のことをするための時間の余裕がないのです。だから動くことができません。

月の近くにいる妖精

自分のことを後回しにして、しわ寄せがどんどんできて、自分のための動きは「しわ寄せをなんとかする」ことで精一杯で、新しいことを手掛ける時間の余裕が生まれないというループを解消するには、

他人のために動く時間をもっと効率よく・・・と考えるのではなく、他人のために時間を使いすぎている事実に気づいてバランスを改善することなのです。

冷静に考えてみれば、必要以上に時間と労力を費やしているなあと思ったり、許容範囲以上を、相手から求められているとわかったり、何かしらの思い当たることはあるはずです。

一番いいのは、それを止めることですが、

現実的には、そう簡単に、これまでやってきたことを止められないケースも多いでしょう。ならば、せめて減らしていくことです。

これも、すぐにはできないかもしれないけれど、時間を掛けて計画的に少しずつ減らしていくことならできると思います。

そうして、未来の自分を楽にして、

自分のための動きをする時間を、持っていくようにしましょう。

コメント

  1. リリー より:

    他者への奉仕的な仕事が負担になっているかも…
    と最近気付きました。
    時間はもちろんのこと
    精神的負担がかなり大きいです。

    これも仕事のうちと思い
    生活に取り込んでいて気づかなかったんですよね

    なにせ会社の中でのことなので
    急にやめることはできませんが
    徐々に減らすことができればいいですね。

    自分の将来を考える時間も心のゆとりも
    大切にしたいです

    • リカコリカコ より:

      リリーさま

      仕事に関わることだと、気づくまでが難しく、気づいても改善が難しいものではありますが、
      お書きになっているとおり「徐々に減らす」ことを、時間を掛けて少しずつ
      やっていくのがいいと思います!