自分と、守護霊と、先祖霊との「繋がり」。

守護霊は、「たましい」の繋がりがある存在です。

先祖霊は、この世での「家族や血縁」という繋がりの存在です。

守護霊は、この世で人として生きる学びを、見守っている存在で、

先祖霊は、そのための機会(生まれる場所など)を与えてくれた、先輩のような存在で、

自分とは、守護霊に見守られながら、先祖や身内の方が与えてくれた環境をお借りして、この人生という経験を学んでいる、たましいの存在です

たくさんの繋がりに支えられて、助けられて、今の自分という存在が、ここにいるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました