時間の経過が、理解することを助けてくれる。

 

この世での経験ははすべて、広い意味では「自分の学び」になります。

誰かのために、しているように思えることも、間接的には自分にも役立ちます。

誰かに、させられているように思えることも、実は、自分の行いがそれを引き寄せている(ことに気づいて改めるための)経験だったり、そこから学びを得るための機会となることもあります。

どうして、こんなことをしなければならないのかという不満や、何のために、こんなことをさせられるのだろうという疑問が、そのときはわきあがるでしょう。

それらは、少しの時間が経ったのちに、意味や意義がわかることは多いものです。

渦中にいるときには、感情でいっぱいになり、なかなか冷静になれないものですが、

時間とともに、感情の波がひいていき、落ち着いて客観視ができるようになると、「あの経験は、自分に必要なものだった」と、感慨を伴ってわかるようになります。

そういう瞬間が、いずれやってきます。

この世の、「時間というしくみ」は偉大です。

私たちに、冷静さを取り戻してくれます。

私たちの、理解が進むことを助けます。

そうしたしくみの中で、さまざまな経験ができるという、この人生という機会は貴重です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました