思考力が高い人は、脳内反省会をやりすぎることに注意!

真面目な人は、過去に対しても「もっとこうすればよかった」「こうしたほうがうまくいったのに」という後悔から、脳内反省会がいつまでもおわらず、なかなか切り替えができないことが多いです。

スピリチュアルに関心がある人は、思考力が高い人が多くて(どちらも頭のまわりのオーラの量が関連します)複雑な思考が「できてしまう」ことから、なおのことこの傾向が強くでるようです。

緑のドレスをきた女性

人生の時間は有限なので、「過去の経験を振り返って改善点を見つける」という姿勢はとてもいいことです。勢いで次の行動をしてしまうよりも、そのほうがうまくいく確率は上がるでしょう。

しかし、脳内反省会を完璧に行うことが本来の目的ではありませんよね。次の行動をうまくいかせるための思考ですから、意識を注ぐべきところは「未来に向けた行動」です。

過去の分析はほどほどのところで切りあげて、次の具体的な行動のほうにエネルギーを注いでいくようにしましょう。

コメント

  1. リリー より:

    まさに今の私です。
    一人反省会よくやっています
    未だに昨年度のPTAの役員のこととか(心の傷になってしまった)
    もっと過去のこととか。
    子供と遊んでいても思考が過去に行っちゃうんですよね。本当はもっと考えないといけないことがあるんですけどね。
    ただ最近隙間時間に本を読むのが楽しくてその時間は思考が本に集中できるので良いのですが。
    今の自分や未来に目を向けたいものです(^_^;)

    • リカコリカコ より:

      リリーさま

      脳内反省会ばかりになるのは、本当は「自分を変えたくない(変えるのが怖い)」と思っている人に多いです。しかし、自分が経験することや起こる出来事という結果は変えたいと思っている場合に、その矛盾ゆえに未来にルートが開かれていかずに、過去に意識だけが向きがちになります。結果を変えたいなら、自分を変えることもセットだという受けとめ方をしていけば自然に意識は未来に向かうと思います!

      • リリー より:

        お返事ありがとうございました^ ^
        先ずは自分を変えようという気持ちからですね
        ありがとうございました!

        • リカコリカコ より:

          自分を変えるために必要なのは「行動」ですね。
          気持ちや気分では、あまり変わらないのです。。。なぜなら、その一瞬だけは変化できても、変え「続ける」ことが不可能だからです。
          気持ちや気分はどうであれ(以前のままであっても)、行動が変わっていけば、行動は(形のない気持ちと違い)何らかの結果につながりやすいことと、なにより「習慣化しやすい」ので自分が変わることに直結していきますよ!

          • リリー より:

            行動なのですね!
            そこを意識してみます☆
            ありがとうございました!