別のお客さまから聞いたことが、お仕事の選択に役立ちました。

最近はお仕事のご相談をいただくことが多いです。コロナで働き方が変わったことや、これからのキャリアプランも新しいものにしていく必要性を感じる方が、先を見越してセッションをご利用してくださっています。

そうしていろいろな業種・職種・立場の方からご相談をいただくことで、私も「現状のお仕事状況がどのようになっているのか」を間接的に知ることができています。ときどき、Aさんのご相談から得た知識が、別のBさんの相談への情報提供として役立つことがあります。

昨日、Sさんから「短期の仕事が決まった」とのご報告をいただきました。おおよその方向性としてはご希望通りの案件があったとのことでした。これは別のお客さまが「今こういう働き方をしている」「行ってみたら、ああなっていて、こうなっていて……」と説明をしてくださった知識をお伝えしたものです。

Sさんの性質にあった、好みの業界だったけれど、昔はそういう短期で仕事が発生しそうな業種ではなかったんですよね。だからノーマークになっていて、私自身も別のお客さまから聞くまで詳しくはなかったことだったのですが、こうして必要な情報が私を通して仲介されて、必要なところに届くことが不思議だと感じます。

Sさんのメールにこう書いてありました。

就業前の説明会があって知ったんですが、・・・・・・最近は形態がこんな感じなんですね‼️りかこさんのおっしゃっていた通りだなぁ。つくづくびっくりしました。

私自身も、お客様の話を通して知ったことでしたが、社会で起こっているリアルタイムの情報を「知っている」か「知らない」かで選択の範囲がまったく変わってくるということですよね。

またそのうち今度はSさんからお仕事をしてみた感想など、お聞かせいただけると思うので、それをまた別のどなたか必要なところへバトンが渡されていったりするかもなあと、そんなことを考えました。

+29

コメント