霊感が強くても、自覚がない人はたくさんいます。

スピリチュアリズムに関心をもつ人にとってはおなじみの知識ですが、人は「肉体をもっている霊的な存在」なので、すべての人に「霊的な感性(霊感)」が備わっています。

霊感に気づいていない人も、スピリチュアルに関心がない人も、

すべての人に霊感があり、日常の中で力を発揮しているものですが、自覚がないままの人がほとんどでしょうね。

空をみあげる女性

霊感のあらわれは幅広く、人の数だけバリエーションがあります。

一般的にはオーラや霊が見える力をイメージすると思いますが、霊視はその一形態にすぎません。オーラも霊もまったく見えなくても、霊感が強い人はたくさんいます。

あと、まったく自覚がないどころか「スピリチュアルを頭から否定している人」の中にも霊感が強い人がわりと多く含まれているものです、笑。

霊感が強く備わっている人ほど「自然な意識や思考の延長のように」霊感が発揮されるので気づかないものなんですよね。普段の状態と、霊的な感性をいかしている状態が、あまりになめらかなシームレスで落差がつかないためです。

これは頭で思考したアイデアだと思ったり、たまたまそうなっただけと思ったり。意識が「現実に寄せて補正」をしてしまい、結構それで納得できてしまうものなので。

霊が見えなくても霊感が強い人はいる、自覚がない人でも霊感が強い人はいる、あなたのその感覚も霊感かもしれない、ということを頭の隅においておくと、何かのときに気づきのきっかけになることはありそうです。

といっても、認めない人は絶対に認めないのですが笑。その頑固ぶりがむしろ、霊感が強い人「あるある」だったりもしますけれど。その人にふさわしい気づくタイミングがあるので、それはそれでいいのでしょうね。

コメント