直感力があるのに、未来を考えられなくなるのは「配線のもつれ」です

こちらの記事のとおり、直感力が優れている人は「未来に焦点が合いやすい」です。まだ起きていないことが予測できたり、ものごとの何ステップも先までを想定できたりするので、おのずと意識は未来に向かいます。

しかしときどき「直感力があるのに意識が未来に向かっていかない人」がいて、それは自分への否定から「エネルギーの配線がもつれている」ことが原因です。

エレガントなヘアスタイルの女性

オーラの形状や質感からみても、さまざまな観点から波長を読みとってみても、未来へ意識が加速していくタイプであるはずが、逆の言動をとって自分を混乱させてしまう人が「ときどきいる」と書いたけれど、結構多いかもしれません。

内側で「エネルギーの配線がもつれている」と、

本来の性質とあっている未来に向かう思考をしたいのにそれができず、現状維持にエネルギーが集まるのですが、それも本来の性質と違うのでそこまでフィットせずで、

もやもやもやもや……、ぐだぐだぐだぐだ……となります。

直感タイプの得意な「未来」に配線がつながらず、苦手とする「今」にエネルギーが集まっているのだからそうなります。

本来は未来を意識するのが得意とはいっても、この状態で無理に考えてもうまくいかないので、まずは「配線のもつれを直す」ことからとりくみます。

もつれの原因はだいたい自分への否定、過小評価、自信のなさです。自分への否定を手放していくと、本来の自分らしいエネルギーが力強く流れていきます。

コメント