「合うもの」「似合うもの」が、自分「らしさ」を引き立てる。

品物に限らず、とても広い意味であてはまることとして。「自分に合うもの」「自分に似合うもの」は、自分を望ましい方向へ運ぶことを助けます。

合うもの、似合うもの、ふさわしいものは、エネルギー的な「波長」が自分と揃っています。そういう物を身につけたり、そういう対象を集めたりすることは、「自分らしいエネルギーを増やしてくれる」効果が期待できます。

合うものは、感覚的にしっくりくるので安心や落ち着きもありますし、相手に与える印象も、「合っている」という「スムーズさ」が伝わります。

合っているものは、安心感という印象を与える。

たとえば、似合う洋服を着ている人をみたときに、「似合っている」と思うとしたら、その人と洋服の印象に違和感がないときや、または、洋服がその人を引き立てているなと思うときではないでしょうか。

両者の放つ印象に、共通点があったり、調和している雰囲気が感じられたりすると、与える印象は「肯定的」「順行」「自然で無理がない」「スムーズ」なものになります。

これらは総じて、好印象となりやすいです。安心感を与えるからです。

その人らしいエネルギーが、似合っている洋服というわかりやすい「物」に具体化されて、あらわれているようで、わかりやすさが印象の深さになります。

身につけるものに限らず、たとえば関わる物事についても、起こす行動についても、合っていることは、ストレスが少ないのです。

自分的にもしっくりきて無理がないですし、相手に与える印象も同様で「え?」「なぜ?」という疑問を感じさせないものは、スムーズに伝わりやすいということですね。

合っているものは、うまくいきやすい。

広い意味で、「合っていることは、うまくいきやすい」ということも言えます。

自分的にもストレスが少なく、相手にもスムーズに伝わりやすいからです。

もちろん、合っていることをすれば何でも努力なくうまくいく、という意味ではないですが、「確率」を上げることにはなると言えるでしょう。

理系な感性をもっている人が、理系に進み、ソプラノの声域をもっている人が、ソプラノを担当すれば、それは、そうでない場合と比べて優位性はでますから。

自分らしいものが、合っているもの。

大げさにとらえる必要はなく、広い意味での「合うもの」「自分らしいもの」「似合うもの」を考えてみてください。そして、できるところから取り入れてみましょう。

洋服の形でも、選ぶ色でも、行動のしかたでも。

そうした小さい積み重ねが、自分らしさを印象深くして、相手に伝わりやすくなりますし、自分のエネルギーを大きくしてくれたり、ものごとのスムーズな運びを助けたりしてくれます。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加