人生の「時間」について、意識的になってみる。

この世での人生を過ごすということは、時間という流れの中に身を置くということです。

行動をするということは、何かに対して「時間を費やす」ということです。

意識的であれ、無意識であれ。

人生を充実させたいと思うなら、時間の使い方に対して,意識的になってみることです。

止まることなく進んでいく、巻き戻されることはないこの価値ある「時間」の「使い方」を考えることは、自分の人生の「もち時間」を充実させることに繋がります。

自分が考えたとおり、意図したとおりに使える時間ばかりではなく、やりたくないことを、やらなければならない時間もあるけれど、だからこそ、「意図のとおりに使える時間の素晴らしさ」がわかります。

時間に委ねるしかない、という曖昧な状態に置かれることがあっても、しばらくの時間を経て、予想していないプロセスと結果に導かれたなら、「委ねるという方法の価値」を実感することになります。

意図したとおりになる場合も、そうならない場合も、自分がその大事さと素晴らしさをわかろうとしていれば、そこから得られるものは、有形無形に増えていきます。

わかろう、つかみとろうと意識しているからこそ、気づくことも多いですからね。

時間という壮大なしくみの、すべてをコントロールすることはできません。

意識的になるのが大事といっても、人の意識が及ぶ範囲は限られています。

それでも、意識をしようと「してみる」姿勢が、自分の人生に与えるものは大きいのです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加