すべては、「よい人生」を構成している要素のひとつ。

よい人生にしたいとは、誰もが望むことです。

よい人生にするために、よい判断をして、よい選択をしたいけれど、

しかし、何がどうなることが望ましいのか、そのためにどうしたらいいのか、

答えをみつけるのは難しいものです。

たとえば、

迷うことや困ることが少ないことが、よい人生なのか。

プレッシャーが掛からず、目立たない生き方がよい人生なのか。

ある意味においては、楽でいられるとしても、それが「よい」かどうかは、微妙なところではないでしょうか。

迷い苦しむこともときにはあっても、責任やプレッシャーが大きくても、そうした機会によって、自分という存在が必要とされたり、誰かの役に立ったと思えたりすることで、

迷い苦しんだ経験を超えるくらいの、納得や達成感で満たされたなら、それは「よかった」という印象になるでしょう。

そう考えてみれば、「よい人生」という定義は、いろいろです。

ということは、

いろいろなことが適度に散らばっていて、安心もあり、刺激もあり、迷ったり、困ったりもしながら、何かをなしていく手ごたえが得られている、

それは、「よい人生」なのではないでしょうか。

日々、経験している、あんなこと、こんなこと。面倒なこと、大変なこともふくめて、いろいろなすべてが、よい人生を構成しているパーツのひとつだと考えると、

多くの人が「すでに、よい人生を過ごしている」ことになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました