クレアセンシェンス。

霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。

1,「みる」について書いた記事

クレアボヤンス。
霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があり、代表的なのは、「見る」ことに優れた力で、日本語では「霊視力」「透視力」という表現がよく使われます。 外国の書物などでは、「クレアボヤンス」という単語が使われている場合もあります。 クレアボヤンス能力を持つ人を、「クレアボヤン...

2,「きく」について書いた記事

クレアオーディエンス。
霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があります。見ることに優れた「霊視力(クレアボヤンス)」が一番よくしられていますね。 それについで知られているのが、聞くことに優れた「霊聴(れいちょう)力」です。 ですが、この霊聴という言葉自体、霊視にくらべると一般的に認識...

3,「感じる」について書いた記事・・・この記事。

感じて把握するという力を単語として、霊視、霊聴、のような表現に合わせるとするなら、「霊感覚」とでもいえばいいでしょうか。あまり一般的な表現ではないと思いますけれど(^^;)。

何らかの刺激を感じて知覚すること、たとえば重いとか軽いとか、暖かさを感じるなど、何らかの「体感」を通して把握することができます。

どちらかといえば、移り変わりのある「状態」を把握することに向いている力ですね。

外国の書籍では、「クレアセンシェンス」という表現が使われていることもあります。

コメント