直感力。

霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。

1,「みる」について書いた記事

クレアボヤンス。
霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があり、代表的なのは、「見る」ことに優れた力で、日本語では「霊視力」「透視力」という表現がよく使われます。 外国の書物などでは、「クレアボヤンス」という単語が使われている場合もあります。 クレアボヤンス能力を持つ人を、「クレアボヤン...

2,「きく」について書いた記事

クレアオーディエンス。
霊能力は、大きくわけると幾つかの種類があります。見ることに優れた「霊視力(クレアボヤンス)」が一番よくしられていますね。 それについで知られているのが、聞くことに優れた「霊聴(れいちょう)力」です。 ですが、この霊聴という言葉自体、霊視にくらべると一般的に認識...

3,「感じる」について書いた記事

クレアセンシェンス。
霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。 1,「みる」について書いた記事 2,「きく」について書いた記事 3,「感じる...

4,「わかる」について書いた記事・・・この記事。

根拠はないけれども唐突に「わかる」という能力があります。いわゆる「直感」です。

「感じる」のと「わかる」のを、ひとつの同じもののように理解している方が少なくないですが、感じるというのは、体感を伴っている感覚です。重いとか、暖かいとか、ぞくっとするとか、痛いとか。

直感はそれとは違っていて、体感を伴わなくても普通に「わかる」という伝わり方になります。「感じる」よりは、どちらかといえば「思う」に近いわかり方?になります。

直感力が優れている人ほど、実はそれを自覚しにくい傾向があります。なぜなら、わかるという伝わり方が普通すぎて、自分の意図的な思考との境目がないからです。自分の理性による思考を瞬時にしていると思ってしまうのです。

そのため、直感力が高い人ほどスピリチュアル否定派になりやすいという、冗談みたいなことも起こります(^^;)笑。

コメント