守護霊と自分は、たましいの大元が同じ。

守護霊と自分とは、たましいの領域が同じという、とても深い繋がりがあります。

この領域を、グループソウルといいます。

私たち人間の感覚からみれば、自分が生まれる前から、エネルギーの存在として属していた「たましいの大元」ともいえる場所になります。

守護霊と自分は、たましいのつながりがある。

守護霊と自分は、「グループソウル」というたましいの大元が同じであるので、スピリチュアルなしくみにおいて、もっとも根本的な繋がりをもっているといえるでしょう。

現実的なしくみにおいて、自分が属する繋がりの基本とは「家族」「血縁」となりますが、家族は、グループソウルの繋がりではありません。

「家族といえども、それぞれ別のたましいである」とは、スピリチュアルな見解としてよく使われる表現ですが、たましいが別ということは、大元となるグループソウルも別、ということになります。

スピリチュアリズムを元とした解釈では、守護霊と先祖霊は、カテゴライズを別とすることが多いのは、そういう理由からでしょうね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました