人間関係は、「違い」を経験する学びの機会。

人間関係の大変さは、この世で経験する「学び」のひとつです。

学びですから、楽しさばかりは得られず

イライラさせられたり、がっかりさせらたり、喜怒哀楽のすべての感情を経験させられることとなり、大変さのほうがずっと多いかもしれません。

ですから、「人間関係は、いろいろあるのが普通」だと、そうとらえていけばいいですよね。

かみあわないことがあっても、わかりあえないこともあっても、「そういうこともありうる」と思っておけば、

「経験という学び」ではあるとしても、「すべてを解決しなければならないという、問題ではないのだ」という、わりきった受け止め方もできます。

人間関係は、楽しさばかりではなく、大変さのほうがずっと多いとしても、

それでもときどきは、楽しかったり、助けられたり、自分以外の存在がいることの安心を得られたりして、

「いいものだ」という気持ちにもさせてくれます。

いろいろな感情の、対比があるからこそ、そういう感覚になることができます。

違いから、気づかされることは大きいです。

人間関係とは、「違いを経験する学び」の機会ですね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。

人間関係、コミュニケーション
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました