眠っているときのオーラ。

人のオーラとは、生命力というエネルギーのあらわれでもあるので、眠っている間ももちろん、オーラは放たれています。

身体をつかう活動をしていないので、肉体に近いほうのオーラは活発な動きをみせることはないですが、

眠っている間の意識は、霊的な世界の波長と近くなり、そちらの領域での意識活動は、昼間の起きている状態よりも活発に行われるため、

内面をあらわす領域のオーラは、むしろ眠っているときのほうが、広がって輝いていることも多いです。

実際に、人が眠っているようすを、まじまじとオーラ視したことはないですが、、、

オーラの透視とは、その場に物理的にないものをみることも、ある程度はできるので、たとえば「過去のオーラ」「未来のオーラ」なども、ざっくりと把握することはできます。

セッション内で、過去のオーラを把握する際に、(ここ数日でしっかり睡眠がとれているか等)眠っている時のオーラに焦点をあわせることもあるので、その統計からすると、

心が豊かである人、霊感が強い人、やる気で満ちている状態の人などは、眠っているときもオーラは(意識の領域のほうのオーラは)、大きな広がりがみられるようです。

眠っているときは、霊的な領域と意識が近い波長になるので、そちらのエネルギーが加わるのでしょう。

ちなみに、私が見ているのは、眠っている時の「オーラ」のみで、寝姿などがありありと透視されているのではないです。そちらをはっきり見るようなセンスは、私は持ち合わせていません。

霊視、透視といっても、何でも見えることはないし、

不必要なものは、たぶん、守護霊の方が「見せない」のだと思います。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント